FC2ブログ

節目

Posted by 彩子 on 07.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
201912071822334c4.jpeg




節目の年に
息子夫婦から贈られたものは
思いもかけない
こんなレアもの。


二人の孫娘達からは
手書きの可愛いおたんじょうびカード。


一緒にお祝いの会をしてくれて
泣きそうになったばぁは
ますます、涙腺が緩んでいく。







『 I say it is fine to be 60 … 』


竹内まりやの【人生の扉】から




おこがましいこと
言わせて貰えれば

まりやさんの様に
その歳の自分を楽しみたいと
胸張って言える様な生き方をしたいな



そして
その為にも
元気でいようね





20191207182249d78.jpeg



帰省

Posted by 彩子 on 30.2019 日々色々 2 comments 0 trackback
母を連れて役所に出向き
申請していたマイナンバーカードを
やっと受理し

銀行へ行って
当座のお金を下ろし記帳して

お腹空いたと
鍋焼きうどんを食べて

少しは歩こうとお散歩して


母との時間。




201911301431445fb.jpeg





だんだんと
母は子供に帰っていく


いろんな探し物やら後始末をし
哀しい現実が増えていく



それでも
生きていてくれるだけでいいんだ



森高はおばさんにならない

Posted by 彩子 on 23.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
ミーハー気味の夫に付き合い
21年ぶりの全国ツアーを展開している
森高千里のライブに行ってきた。



前から五列目となるとテンションも上がり
周りほとんど50代以上と思しきオヤジ達とまみれて
懐かしいヒット曲の数々に一緒に歌い踊り
ストレス発散。

何より初めてのNHKホールは素晴らしかった。




森高は五十歳になり
来月には私は還暦と
一緒にしたら申し訳ないけど

彼女の歌やフリフリのダンス
ドラムスに
渡瀬橋のリコーダーを聴きながら

『 私が還暦になっても 』マイペースでがんばろ!って
何故だか感極まり泣けてきた。




変わらない美脚にミニスカも可愛く
森高に元気いただきました!





20191123103214274.jpeg


どれだけ経っても

Posted by 彩子 on 11.2019 女色 0 comments 0 trackback
201911111832452d1.jpeg




安心して呑めるのも
蕎麦おじさんとだから。


宝石屋さんに持って行こうと思ってたのに
預けたネックレスも
あっという間に手直ししてくれてた。


しっかり
甘やかされてるね…。





あいも変わらず
女将の料理は抜群で
お酒も進むの。



20191111183301ee8.jpeg




女将は
彼人と同郷だから
訛りが懐かしくて
ちょっとせつない。



そして

場所を変えて
夜景を見ながらの
こんな場所でのお酒は
過去の良からぬことが過ぎってる。


2019111118331252a.jpeg




今宵

こんな満月のきれいな夜は

未だ女を

いいえ彼人を

捨てられない








おかんの嘆き

Posted by 彩子 on 09.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
先月半ば
秘密のケンミンSHOWが
初の音楽フェス『秘密の音楽祭』を開催し、
みのもんたと久本雅美がMCを務めて
多彩なゲストを交え
クラシック、ミュージカル、演歌、
日本縦断ものまねメドレー、
異色のコラボありで、なかなか面白かった!


20191105185933cf6.jpeg



その中で
武田鉄也&コロッケの真面目なコラボ。


『 子供はいくつになっても母親に褒められたい 』
思いが溢れていて泣けてきた。



折しも
昨年所帯を持った次男の事で
悩まされていた。






次男は小さい頃から
なにかと親の顔色を気にする子だった。


さして努力もしてこなかった
(私にはそう思えた)から
結果そうなんだけど、
そのくせプライドは高いので
二歳上の兄ちゃんをいつも意識していた。

そんな次男がもどかしい夫に対して
次男は緊張した物言いをする。

だからなんとなく感じるのだ。
私にはよく喋り
母親が喜ぶ事をする事が多かった。




小学生の頃のこと。
私の勤務先に電話をかけてきて
『雨が降ってきたから洗濯物入れといたよ』

その数時間後
『雨上がったから洗濯物又出したよ』。



思えば
他愛もない可愛い思い出だけど
きっと自分で気づいていなかったのかもしれないけど
母親に褒めて貰いたかったのだろう。


そして私は
次男に対して
いつまで経ってもあの頃と同じ様に
接しているのかもしれない。


大学を卒業して家を出てからは
無関心だったつもりだけど
何か言ってくると
私は何やかやと世話を焼いていた。

今だって…。





ママ友が言ってた。


テレビの収録スタジオでの事。

小学生くらいの子供たちに
小さい頃の悲しかった思い出を
選択肢から挙げてもらったら、
女の子はおもちゃを無くした
買って貰えなかった、云々を挙げ、

そして
男の子はダントツで
『 お母さんのお迎えが遅かったこと 』
だったらしい。

因みに、その選択は
女の子は皆無だったと言う。





大なり小なり
男はマザコンだと思うけど、
男の思考回路には
おかんのことが底辺にあるのかなぁ…。



娘の様に
仲良く一緒に何かをしたりなんてないけど
案外、息子は
肝心な時、頼りになったり
気にかけたりしてくれるのかなぁ…




丁度、次男夫婦の結婚一周年が経った時
おめでとうと、ご機嫌伺いのLINEを
其々に送り安心していた所だったのに、

その2日後
あちらのお母さんから突然電話が入り
実は息子たちの家計が
上手く回っていない事が発覚した…。

息子の不甲斐なさが露呈し絶句だった。



子供も未だ授っておらず
そうなってくると、
遠方のお嫁ちゃんとは
なかなか接点がなく
これまで親しくやりとりする事もなかったが
この一件から、怪我の功名で
お嫁ちゃんと俄然よく喋る様になった。
二人で息子の悪口を言い合い
頼むね、と私は頭を下げた。

結婚が決まるまでは
正直、夫も私も結婚に反対だったが、
お嫁ちゃんは思ったより
しっかり者だった。



今更ながら
そろそろ母親卒業出来るかな
お嫁ちゃんに息子を託したい。







秘湯

Posted by 彩子 on 31.2019 女色 2 comments 0 trackback
初めての北アルプス。


と言っても
勿論登ったわけではなく
新穂高ロープーウェイで
秋の紅葉と
源泉掛け流しを堪能してきた。

二泊三日の奥下呂、
飛騨高山、奥飛騨温泉郷、
乗鞍温泉郷とのんびり。


20191030151754eff.jpeg




夫がマイカーで長距離運転をしてくれて
私はカーナビ操作もろくにせず
隣でご機嫌さんで乗っていた。




ロープーウェイから眺める
勇しくも美しい北アルプスの山々。

こりゃ、
夫が山に入れ込む筈と納得である。
まさに命の洗濯だ。


20191030151740630.jpeg




百名山を一座残すだけにして制覇した夫は
あちこち秘湯を知っている。
登った後入れずとも
何処にどんな秘湯があるかを話してくれて
だから連れ出したいと…。


それはまるで
今まで自由に山にも行かせてくれてたからと
まるで罪滅ぼしの様に
ここのところ
あちこちの秘湯を誘う。

登山の時拠点にした民宿を
ええやろ?此処?と。






私はと言えば
夫が家を留守にしてくれたおかげで
さほど言い訳する事もなく
自由に
とても本当のことは言えない時間を
やり過ごしてた。


混浴露天風呂だって
初めて夫と入った時は
私は他人の目より
夫との混浴の方が面食らったのである。

混浴を教えられたのは
彼人だったんだもの。

そんな事
お首にも出さずに…。



夫の知らない顔持つ妻は
この場に及んで
小さく反省しながら
掛け流しの湯に浸っている。



夫との事を【女色】にするなんて
初めてかな…。





20191030151710c7a.jpeg


ままならない想い

Posted by 彩子 on 24.2019 女色 0 comments 0 trackback
JUJUのライブは
簡単に
女色を連れてくる。



20191012103705777.jpeg







一度
彼人と待ち合わせした
三ノ宮のロフト前。




今月初めのこと。

JUJUのライブを楽しみに、
其処から直ぐ傍に建つ
神戸国際ホールに辿り着くまでの間

彼人との時間が
あっという間に甦る。





満面の笑みで
私を見つけてくれたこと


腰痛もちの彼人は
フラワーロードの信号待ちの合間、
ちょっと待っててな
と言ってしゃがみ込み
体勢を立て直した

こうしたらええねんって
照れ笑いで返した




あれから私も
彼人の様に腰痛に悩まされて
そして初めて
彼人の苦悩を知ったんだ。




今だったら
痛みの共有だって出来たのに
彼人は
私の前から去ってしまったね…





40代の後半のこと。


あの時からもう
数えきれない時間が流れたと言うのに
彼人じゃないヒトに
心動かされたこともあったと言うのに

そしてこの冬還暦を迎えると言うのに…。



JUJUのままならない想いの詰まった
楽曲に包まれ
不覚にも涙が溢れてくると

そんな時間が過ぎ去ったなんて嘘みたいに
そして
そんなことなんて無かったかの様に
胸が熱くなる。





20191024102151b75.jpeg





ナマには勝る

Posted by 彩子 on 03.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
世の中は
ラグビーにプロ野球CSと賑やかで!



月曜日のセリーグ最終戦では
最後の最後で、阪神CS進出!


久しぶりの甲子園、
盛り上がったなぁ!



20191003191213ecd.jpeg





甲子園には阪神電車で向かった時のこと。


車内はぎゅうぎゅう詰め。
直ぐ隣のおっちゃん達がおっきな声で
阪神タイガースの話題で盛り上がってる。


混雑した車内で埋もれてた私は
聞き覚えあるその声に
思わず顔を上げて見上げたら
ひゃあ! 原田伸郎さん!


若かりし頃、
あのねのねに入れ込んでたんです
オールナイト日本も聴いて
コンサートも行ってたんです

なんて言えるわけないかぁ、と
一人ニヤニヤ。


も一人の男性はいかにも業界人風、
お連れの女性は
マネージャーさんではなさそな会話。


伸郎さんは以前、
隠れ家風な蕎麦屋で一緒になった事もあった。
その時は、
奥さんのお母さんを連れていた記憶。


甲子園に着いたら
偶然、座席も近かったし、
ちょっとミーハーになってしまった。


20191004004623715.jpeg



最終戦での矢野監督の挨拶で
ワールドカップの話もしてたけど
スポーツ観戦もやっぱり良いね!



ラグビーワールドカップも
横浜でのチケット手に入ったのに、

いやいや利益供与になるし…と
亭主は断った。


昨今の
どっかの電力会社の偉いさんに比べたら
可愛いもんやん、何で断ったぁ??と、

えー加減な嫁は
ぶーたらぶーたら、言ったけど。



上がったり下がったり

Posted by 彩子 on 25.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
2019092501083441d.jpeg



チケット取れずに諦めていたけど、
当日券引き換えで手に入れた
初めての Superfly。



夫は山行きで
神戸にひとり参戦
始まるまで退屈だったけど
蓋を開ければ良い席で。


あの度肝を抜かれる声量
高いパフォーマンス
神がかった歌の上手さ

想像以上に痺れっぱなし!



これが
奇しくも今回も又
翌朝から帰省のスケジュール入りと言う、
なんの因果か?と
苦笑するよなタイミングだった。




前日のhighな浮かれモードも
あっという間の
クールダウンとならざるを得ずで。



母のやり散らかした
認知症という名で
全て帳消しとされる我儘尻拭いに
家族は翻弄される事となる。


やれやれ…。



201909250108519e7.jpeg






次男が17の頃

Posted by 彩子 on 21.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
お世辞にも
上手いとは言えない次男の字で
CDのラベルにH15年8月と書いてある。



何が録音されているんだろうと
コンポに入れてみた。


ミスチルの【くるみ】だった。


な、なに?
思わず泣きそうになった。



それから
中島美香の【雪の華】


Every Little Thing 二曲


虎舞竜の【ロード】


浜崎あゆみ


知らないアーティストのカバーで
【ドラゴンボールZ】


爆風スランプの【ランナー】


【上を向いて歩こう】のお洒落なカバー


ボイパのなんちゃら…


L'Arc〜en〜Ciel


などなど



……



あの頃、カボス?でダウンロードして
CDに焼いてた次男。

あの子の趣味が垣間見えたり
あの頃の流行り歌が蘇ったりで
本棚の引き出しから出てきたCD数枚。


その引き出しには
次男が置いていった音楽CDが
何枚か有るのは知っていたけど

この前長男一家が遊びに来てくれた時
下の孫ちゃんが引き出しの中を弄って
ばぁば、これなぁに?と
たまたま一枚を取り出したのが
なんと!
ドリカムの2005年ライブのDVDだった。


ダメ元で
大騒ぎでみんなで観てみたら
ちゃんとクリアな映像だった。

孫ちゃんが偶然手にしたのが
大好きなドリカムのライブDVD。


いやいや、
孫ちゃんでかした!と、
それをきっかけに、
しばらくして又、
次男お手製と思われる音楽CDを
聴いてみたのだ。




偶然の生んだ贈り物。



退屈な日々には
未だ遠いね。


 HOME