FC2ブログ

MISIAライブが連れてきたもの②

Posted by 彩子 on 11.2020 女色 0 comments 0 trackback
同僚の上の女の子は長男と
同じ小学校で同級生だった。
下の女の子も次男と同級生で
職場でも自然に仲良くなった。

同僚はご主人が自慢で
5歳も歳下なの
今でもサッカーしてるのよ、と
話してくれた。




小学四年の頃
サッカー部だった長男が
小学校の校庭を使っての練習に
ご主人が時々顔を出しておられたし、
女の子二人のパパとしては
我が家が息子二人だったので
羨ましがられもした。



2年も経たずに
我が家がこちらへ転勤が決まった後
送別会として
二家族でカラオケに行くことになった。




ご主人は、私と同僚だった嫁と
私の夫の目が無い隙を狙うかの様に
私の手を握ったり肩を寄せて来た。



見られたらどうするの?
と言う想いもあったのに
私はそのスリリングさが
嫌じゃなかった。





そのあと
私は一度だけ彼に逢った。


携帯も無い頃
多分、お互いの家人がいない時に
家に電話をして
逢引の約束をした。

たまたま、夫が
ゴルフか何かで家を開けた時だったと思う。







彼の車に乗り
ホテルで抱かれた。



こうしたかったの?と尋ねながら
彼は私に被さり
リズミカルに肢体を動かした。


その時の彼の耳元での囁き
指の這わせ方
身体を重ね合うからこそ迸る会話

そんな卑猥な記憶が鮮明に甦る。



多分もう二度と
逢うこともないだろうと言う解放感が
きっと私を大胆にさせたと想う。


そのくせ私は、
それまで散々
人に言えない事をして来たくせに
初めてよその男を
寝盗ってしまった罪悪感に苛まれた。






何年経った頃か彼女は
こっちに帰って来たら一度遊びにきてよと
公務員社宅を出て
新興住宅地に建てた家に私を招いた。


私は呼ばれるまま
彼女と彼の住む、
幸せを絵に描いたような家で
彼女の手料理を頂いた。



歌が上手かった上の女の子はその後、
MISIAのデビュー前のボイストレーナーに
レッスンを受けていた
でもとてもプロにはなれないと
自分で音楽事務所を立ち上げた…と
話してくれた。



そのあいだ
彼女がテーブルを立った時に、
彼は目配せをよこしたり
もう忘れてしまったけど
一言二言言葉を交わし
私は、罪を犯した者同士の
秘密めいた空気を共有した気がした。





彼女とは
今でも近況を交わし合う様に
年賀状を交換している。


最初の頃は連名だったのが
いつからか
彼女は私宛に送って来るようになった。


私は今でも
ご主人の名前と彼女の名前と
ふたつ並べて送っている。


大して考えもなく
だけど
年に一度は
あんな事をした愚かな女の存在を
ご主人に思い出させたい気持ちもある。


可愛くない女ね…。









MISIAライブが連れてきたもの①

Posted by 彩子 on 08.2020 女色 0 comments 0 trackback
少し前のことだけど


Misia Soul Jazz Big Band Orchestra Sweet&Tender


素晴らしかった!
弾けて来た!


以前行った時と比べ物にならないような
盛り上がりで
これもきっと昨年の紅白効果だ。




直前で取れたのは
追加指定席より2200円も安い
バックヤード席。


ステージを斜めから観るとか
音響偏り過ぎとか
雰囲気味わえれば良いや、くらいに
期待せず大阪城ホールに入ったら…


MISIAもバックバンドも間近で
メンバーや裏方の動きも
手に取るように見えて、
何より会場全体を
アーティスト目線で見渡せる気分。

花道もこちら側にも設えてあり
スタッフの心意気が嬉しく
圧巻なパフォーマンスで
なんとも贅沢な2時間半だった。





ソウルフルでジャージーな
MISIAの声を聴いていると
若かりし頃の不埒な想い出が蘇った。


私は別の事を想いながら
行こう行こうと誘った夫と肩を並べて
MISIAの世界に居た。



パート先で一緒だった
同僚のご主人と
関係を持ってしまったことを。





2020020411210349e.jpeg






どれだけ経っても

Posted by 彩子 on 11.2019 女色 0 comments 0 trackback
201911111832452d1.jpeg




安心して呑めるのも
蕎麦おじさんとだから。


宝石屋さんに持って行こうと思ってたのに
預けたネックレスも
あっという間に手直ししてくれてた。


しっかり
甘やかされてるね…。





あいも変わらず
女将の料理は抜群で
お酒も進むの。



20191111183301ee8.jpeg




女将は
彼人と同郷だから
訛りが懐かしくて
ちょっとせつない。



そして

場所を変えて
夜景を見ながらの
こんな場所でのお酒は
過去の良からぬことが過ぎってる。


2019111118331252a.jpeg




今宵

こんな満月のきれいな夜は

未だ女を

いいえ彼人を

捨てられない








秘湯

Posted by 彩子 on 31.2019 女色 2 comments 0 trackback
初めての北アルプス。


と言っても
勿論登ったわけではなく
新穂高ロープーウェイで
秋の紅葉と
源泉掛け流しを堪能してきた。

二泊三日の奥下呂、
飛騨高山、奥飛騨温泉郷、
乗鞍温泉郷とのんびり。


20191030151754eff.jpeg




夫がマイカーで長距離運転をしてくれて
私はカーナビ操作もろくにせず
隣でご機嫌さんで乗っていた。




ロープーウェイから眺める
勇しくも美しい北アルプスの山々。

こりゃ、
夫が山に入れ込む筈と納得である。
まさに命の洗濯だ。


20191030151740630.jpeg




百名山を一座残すだけにして制覇した夫は
あちこち秘湯を知っている。
登った後入れずとも
何処にどんな秘湯があるかを話してくれて
だから連れ出したいと…。


それはまるで
今まで自由に山にも行かせてくれてたからと
まるで罪滅ぼしの様に
ここのところ
あちこちの秘湯を誘う。

登山の時拠点にした民宿を
ええやろ?此処?と。






私はと言えば
夫が家を留守にしてくれたおかげで
さほど言い訳する事もなく
自由に
とても本当のことは言えない時間を
やり過ごしてた。


混浴露天風呂だって
初めて夫と入った時は
私は他人の目より
夫との混浴の方が面食らったのである。

混浴を教えられたのは
彼人だったんだもの。

そんな事
お首にも出さずに…。



夫の知らない顔持つ妻は
この場に及んで
小さく反省しながら
掛け流しの湯に浸っている。



夫との事を【女色】にするなんて
初めてかな…。





20191030151710c7a.jpeg


ままならない想い

Posted by 彩子 on 24.2019 女色 0 comments 0 trackback
JUJUのライブは
簡単に
女色を連れてくる。



20191012103705777.jpeg







一度
彼人と待ち合わせした
三ノ宮のロフト前。




今月初めのこと。

JUJUのライブを楽しみに、
其処から直ぐ傍に建つ
神戸国際ホールに辿り着くまでの間

彼人との時間が
あっという間に甦る。





満面の笑みで
私を見つけてくれたこと


腰痛もちの彼人は
フラワーロードの信号待ちの合間、
ちょっと待っててな
と言ってしゃがみ込み
体勢を立て直した

こうしたらええねんって
照れ笑いで返した




あれから私も
彼人の様に腰痛に悩まされて
そして初めて
彼人の苦悩を知ったんだ。




今だったら
痛みの共有だって出来たのに
彼人は
私の前から去ってしまったね…





40代の後半のこと。


あの時からもう
数えきれない時間が流れたと言うのに
彼人じゃないヒトに
心動かされたこともあったと言うのに

そしてこの冬還暦を迎えると言うのに…。



JUJUのままならない想いの詰まった
楽曲に包まれ
不覚にも涙が溢れてくると

そんな時間が過ぎ去ったなんて嘘みたいに
そして
そんなことなんて無かったかの様に
胸が熱くなる。





20191024102151b75.jpeg





 HOME