FC2ブログ

サプライズ

Posted by 彩子 on 30.2009 日々色々 8 comments 0 trackback
その、クリスマスの日。


最近悩まされてた湿疹を診てもらうために
皮膚科に行って来た。

まさに色気も何もないクリスマスである^^;




穏やかな小春日和だったから
往復一時間半ほどかけて早歩きのウォーキング。

クリニックに行くのは鬱陶しいけど、
気持ちが変わるこんな時間もたまにはいい。



生憎私の前には15人ほどの患者さん。



その待ち時間に、
以前から気になってた近くのアメリカンショップを覗いてみた。


アンティークなお店ならではの、ちょっとホコリっぽい匂いが又いい。
FENから流れてくるようなBGMも又、クリスマス気分にさせてくれる。
マグカップを一つ手に入れた。



お店を出た処で
夫からのメール。
長男が今日帰ってくるという。



訳分からず、夫の携帯を鳴らしたら
その間に又着信の音。



新幹線のホームから、
長男の声。



どうやら急遽出張になって
実家も近いし今日は戻らんでいいぞ、との
上司の計らいがあったらしい。



慌てて、長男の好きなものやら、
クリスマスだもの、チョコレートケーキ等買い物した。
おかげで
帰りはちょっと腕がだるくなりながらも又歩いて帰った。



夜を待ったけど、
長男は先輩たちに掴まったらしく深夜の帰宅に。
酔った姿も夫そっくりである。


深夜、又麦酒を開ける。
夫もちょっと嬉しそうだ。


小田さんの【クリスマスの約束】を思いがけずに
親子三人で観て盛り上がった。



翌朝、
夜ごはんが朝のメニューに加わって
こんなに食えへんと長男に苦笑いされた。


帰る間際になって
スーツを作りたい、と言うので
駅に送る途中でいつものイージーオーダーの店に寄ってみる。


鏡の前で採寸するのを横目に、
普段見ない長男のスーツ姿にちょっとうるうる^^;


それが、
なんと一年前と格段にサイズが大きくなっている。
しっかりサラリーマン街道まっしぐら(ぷっ)



ボーナスも出てるよね、と
お会計は知らん顔の鬼母(爆)。



長男を駅で降ろした後、
出してやるんかと思ったという夫。(何処まで甘いねん!)




嵐のような時間だったけど
私にとっては長男が泊っていったことが
思いがけないクリスマスプレゼントになった。


その長男も又大晦日に帰ってくる。
次男は仕事で帰れない。




これまで年末年始は、
夫の実家に嫁をしに、そして私の方には娘をしに帰省した。


これからは
私達の実家には正月を外しての帰省になり、
そして、
我が家で、息子の帰省を待つ番になる。



夫の両親は寂しいだろうが、
何やかやと生鮮品が届く。



幾つになっても、
親にとって我が子は小さい頃のままなのだ。


そう言えば、
死んだ祖母は、
自分が棺桶に足を突っ込む段になっても尚、
ごはん、ちゃんと食べよるね?と案じていた。








 HOME