FC2ブログ

今年度最後のご奉仕?

Posted by 彩子 on 31.2010 女色 2 comments 0 trackback
一週間前のデートで
雨に濡れたから?

いえいえ、
ここふた月程の間に二度の帰省で嫁やら娘やら冠婚葬祭等など忙しかった。
加えて税務署行きもあったし、

おまけに夫の不在をいいことに
彼とのデートでイロイロ、飲んで食べて、
少しばかり遊び過ぎたかな^^;

悪寒に発熱にお腹も下して、と急に来た。

《 夜中にVパラ観てたからや 》と、
ちっとも心配してくれなかった(笑)。


ちょうど出勤日でもなかったので
厭になるほど寝ていた数日。

寝過ぎで腰痛い~と、
夫に腰を揉んで貰うワタシは鬼嫁。

その成果もあってか、やっと体調も回復。



今月は殆ど行けてなかったスポクラに久しぶりに顔を出した。
そして
帰りに彼と待ち合わせ。


入った居酒屋では
二人の出逢いは、どっちが先に接触してきたか?で揉めたけど・・
どうにも私の負け、だったようで^^;
空きっ腹に麦酒は堪えて、酔った頭では訳わかんない。



途中かかってきたビジネスの電話中、
私はしげしげと彼の顔を眺めてた。

この前も気づいていたのだけど、
勤め人を辞めてやっと伸ばせるようになった髭。

全くもって、萌えであるぅ



ではそろそろ・と席を立つ。


『 今日はなんもせんぞ! 』

そう宣言してたのに、
いくらなんでも人が多すぎる時間帯に、
あの非常階段だなんて@@


未だ不安定な彼の仕事を考えたらデイトも控えなきゃと言っても
彼の反応は
《 青空無料ホテルがあるやん 》!


青空は見えてなかったわね。
ま、確かに無料ですけど(笑)。



ジーンズの窓から顔を出させるんだもの、
条件反射のように、其処に向かう私って・。



左手で下から持ちあげるように

彼は彼で私の頭をぐいっと押さえ付ける


口に含む
咽る
口を離す
又含む

その繰り返し。



彼はイッたらしいけど、
出したと言うけど・・
酔った私の口内には記憶にございません。


と、そこへ・・
階段の踊り場に男の姿が現れ、
そしてさっと退散したのを目の端に見つけた!

慌てた私に

『 出たやろ~? 』

と、それだけ聞いてもなんのコトかわからんセリフで彼は流石。




帰り道、《 さっきはヤバかったかな? 》とメールが来た。


ギリギリセーフだったかどうだか~
アタシ知らない。

 HOME