FC2ブログ

女警備員は見てた

Posted by 彩子 on 29.2010 女色 2 comments 0 trackback
カラオケデートの前日、
彼と一緒におひるごはんを食べた時の事。


いつもの所に彼が立ってて、
私の姿を見つけて、
バッグ持ち上げてこちらにやってくる姿見た時から
あ、元気だって感じてた。


二人で入ったおうどん屋さん。

私の勘は当たったようで、
彼自身が口にした、プラスのオーラ。

ちょっといい気が出たようで。
以心伝心は嬉しいね。



お互い、
田舎の親の健康も話題になる年齢。
それになんと言っても
肝心のビジネスは
彼にとって瀬戸際の、
切羽詰まった、生殺し状態200%だろうけど、

出て来る結果より前に
なにより彼の生きる力、みたいなのが
目の前にいる私に伝わってきただけで
根拠もないものだけど、
結果オーライ!大丈夫~!って感じに思えたんだ。



彼がカレーうどんを注文したのが又面白い。


『 汁、付けへんやろか? 』

そう言いながら、彼は白いシャツの胸元見てた。




『 エプロン、貰たろかぁ? 』

『 いや、ええわ 』


彼の前掛け姿も見てみたかったけど(笑)




その後入った喫茶店。

珈琲飲みながら、彼の顔をしげしげ眺める。
なにやかやと言いながらも、彼の顔色はいい。
仕事出来る、っていい。




『 一本いっとく? 』の合図で、外へ出る。



いつもの非常階段。


ちょっとキスして、
かきまぜられて、
握らされて

不意に彼が身体を離す。


ぎょ!!


しっかと女警備員に見られてた@@



なのに、
出くわしたのが歳もいった警備員さんだと・・

何故か慌てず、
妙な安心感さえあったのは何故?

そのまま、何事もなかったように表へ出る。


右と左に別れ、
その後
又もや中途半端に火を付けられて、
泳ぎに行く。




スポクラへ着く頃届いたメール。


《 ちゃんと拭くのよ~ 》


ぷっ! シャワー浴びたし。





《 もっと見せつけてやれば良かったねぇ 》




ぎゃぁ~~~~
やめてぇ~~~@@













 HOME