FC2ブログ

デリカシーの無い男

Posted by 彩子 on 29.2011 女色 2 comments 0 trackback
時々、仕事帰りの夫が
自宅近くの駅で、同じく仕事帰りの私を拾ってくれることがある。
駅から10分程を歩くから
暑い季節や寒い時は嬉しい。


その日も
職場を出る時、夫からメールが届いた。

駅で拾って貰い、自宅に一緒に帰り着く。
それから私はバタバタと忙しくなる。
家着に着替えて、
もう冷たくなった洗濯物をベランダから取り込み、
トイレでこっそりと、
帰ったよメールを彼に送っておく。

夕食の用意を始めた頃、


『 携帯、鳴ってるよ 』

・・と、夫の声。




あ、さっき
携帯電話、テーブルに置いたんだった。

やばい・・
彼からやん・。




取らない訳に行かなくて、
一応取って、
すぐに切って。
夫の手前、取り損なったフリをして、
全然関係ないママ友の携帯を鳴らす。


今度は彼女に、
掛け間違えたフリをして・。

アドリブ、自分でも苦笑する。
ああ、血の気が引いた。

彼は、夫が傍に居たこと、
察してくれたんだろうか。




その夜、
彼へのおやすみなさいのメールに
携帯鳴らしたの、やばかったよ・・と添えておいた。



次の朝、
しばらくして、
彼はやっと話題にしてきた。

《 旦那に疑われましたか? 》


大丈夫だったけど、
偽装工作慌てたと返したら、

《 刺激あったんとちゃう? 》@@


ごめんね、もないし
反応がコレである(ぷっ)


そう言う所がデリカシー無いね、と返してやった。

彼は以前、
女性にもそう言われたことあるらしいが、
ほんまにもう!である。



彼はその後、

《 デリカシーの無い男
  仕事行きます 》

だって。


あほあほあほ


 HOME