FC2ブログ

こんな関係もある

Posted by 彩子 on 29.2015 女色 2 comments 0 trackback
途中、
お昼ごはんと
晩の水炊き用の買い物をした。


カートを押しながら
横にいるのが夫ではなく、
ヤツ、と言うのが不思議な絵で
そのくせ、
ありふれた日常みたいな感じだった。



スーパーで買ったにぎり寿司が、
喉に詰まりそうやと
なんか飲みもん…と、
冷蔵庫周りを探している。

お茶も無いわ

永谷園のお吸い物、あったりして?

って私が言うのと同時に
あぁ、それそれ…と
ひとつの大ぶりなお椀に湯を注ぎ
代わり番こに喉に流し込む。

妙なタイミングに苦笑い。




彩子、
アイロンかけられるか?

なんだか、にわか嫁みたいな会話。

毎朝、夫のスーツに合わせて
ワイシャツにアイロンを掛けるので
二つ返事で買って出た。


嫁は、かけてくれんしなぁ…とは
ボヤキともとれるけど、
別居中の嫁の日常を聞かされても
なんとも平気な私とヤツの関係性って…。



それにしても、
四枚のシャツ。

うち二枚はおニューで、
お洒落なドレスシャツ。
多分、時期に嫁ぐ
お嬢の結婚式におろすのだろう。


毎朝のバタバタな中での、
手早い?雑なあたしのアイロン掛けは
これじゃあかんと?思ったか
自分でもかけ出した。
その丁寧な仕事振りに
何年になるか分からないヤツとの、
知らなかった一面を垣間見た様で
ヤケに新鮮だったし。



普段は、音信不通。
タイミング合ったら
男と女になる。

俺は浮気症やからと公言するヤツ。

誰かとデートしたか?と尋ねるくせに
同じ質問返してやっても、
さぁ?…とシラを切る。



スーパーで買っておいたデザートを食べて
珈琲をもいちど入れてくれて
見るとはなしに見ていたテレビ。


水炊きって、昆布入れなあかんか?

私に尋ねるヤツ。

笑いそうになりながら
ええ息子やね?と言うと

飢え死にさせるわけにいかんやろ?って、
言いながら
ヤツは真面目な息子だ。
ちょっと上見てくる、と席を外したのも
ちゃんと
おかんとの日常がある。



そろそろ、
おかんとの夕ご飯の事が
気になり出したと見て、私も退散と判断。


帰り支度を始めると、
車を出してくれた。

さっきのお寿司の時、
あぁ、だからビールも無いぞと言ったのは
たとえ一本でも冷蔵庫の中に冷えていても
送ってくれることも、頭にあったのかなと
勝手にちょっと、嬉しくなる。


そしてそれは
最寄り駅までかと思ったら
私のエリアまで送ってくれたんだ。


いつも会いに来てくれる時のことを思うと
さして近い距離でもないと分かって、
ありがとって
ヤツの優しさに、妙にしんみりする。


それは又、
中距離恋愛してた彼人の、
あの頃の優しさが過ぎりもした。


身勝手ね、
あたしって…。




 HOME