FC2ブログ

介護帰省日記

Posted by 彩子 on 22.2017 日々色々 0 comments 0 trackback
一週間前に夫が帰省したが
今度は私が故郷へ。


夫の姉の、
彩子さんも帰れるうちは帰っておいた方が良いよ、との言葉で
その気になった。


初めは、
これは私にもたまには
(夫の親の)施設に顔を出してちょーだい!って事なんだろうと、
斜めから考えていたら、
いやいや額面通りに受け取ったら?と
夫は言う。

たまには…って、
五月にも帰ったんだけど?


結局、
前の週 施設から転院した舅の病院、
そして、
食べることが唯一の楽しみの、
施設に独り居る姑と出前のお寿司を食べた。
私が持参した惣菜は、手も付けなかったけど(泣)


乱立気味のサ高住、
出来ては淘汰されると記事では読んだけど、
舅姑の施設も御多分に洩れず、
サ高住の経営母体が変わってしまい
舅の透析の送迎が出来なくなったなどの理由で
負担が高額になり変わる羽目に。

此処はもう嫌、と変わりたがった姑の
順番待ちの施設とデイサービスを見て回った。
何に対しても不平不満タラタラで、
母さんが満足する所なんて無いよ、と
湯水の如くの浪費家だったしね、
なるべくしてなったんだよ、と
持て余した夫は姑に向かって言う。
息子だから許される弁だけど…。


たった一日目からすっかりくたびれて、
高速バスに乗り継いで母の元へ向かう。




母の老いは確実に進んでいる。
従姉妹に受診の付き添いを頼んだ、
もの忘れ外来。
海馬の萎縮が進み、アルツハイマーの診断が出ている。


それでも、
一緒に食べようと声をかけたら、
あんたが帰って来んかったら
あそこは食べに行かれんけん、と言いながら、
私といつもの小料理屋に出かけた。


介護帰省も年中行事どころが、
月行事の域に突入気味だけど、
ゲンキであれば母ともこんな海鮮食べられる訳で。






私も母の補聴器失くしたの探すの手伝った。
50万近くしたらしく?
私も必死のパッチだったけど、見つから無いまんま。
母によく聞いたら、実はもう一月以上も前のことだったそうな。
見つかるわけ無いやん…。
これ又、
本当はその前にも間違って捨てて、
買い替えた分だったとな…
言えなかったんだろうな。

もう補聴器無くてもいいんじゃない?って話だけど。


昼間っぱらから、
戻りののぞみの中で、
思わず一人で、私頑張った麦酒。

前の座席からも、シュポッが聞こえてきて、
いずこも同じ?




大雨被害の方々の一日も早い復興を。



 HOME