FC2ブログ

ランプの宿

Posted by 彩子 on 16.2019 日々色々 0 comments 0 trackback
東北2日目の宿は
宮城山形県境の
東北電力も来ておらず自家発電で賄う、
湯浜温泉のランプの宿。
この旅一番のお楽しみだった。


宿を目指すも
カーナビは林道を誘導して
怖い怖い道中を運転した亭主は
緊張からか寡黙になった。



やっと国道に出て目に入った看板。

そこに車を停め
雨の中荷物を持って沢を下ること十五分。


20190716222251228.jpeg




梅雨時で、宿泊客は我が夫婦だけと言う貸切状態の旅館となった。



20190712231923f55.jpeg



東北電力からの電線も無く
時間制限有りの自家発電。
それ以外はほんのりランプが灯され
なんとも言えない情緒たっぷり。


大昔は往復葉書で宿泊の予約を取り
それからは無線電話
現在は山から降りた時に繋ぐ
ネットからの予約か
衛星電話の携帯電話。


テレビも無く、自家発電中のラジオのみ。


夜が明けると目を覚まし
日が暮れランプの時間になると眠る


いやいや
世間の雑音しがらみから逃れ
アナログなひとときは素敵だった。


源泉掛け流しと日本酒と山菜、イワナで
もてなされた秘湯ランプの宿。


2019071622465718a.jpeg



たまたま家にあった
秘湯と渓流釣りの本に紹介されていたこの宿
是非とも泊まってみたいと
探し探して辿り着いた。


あいにくの雨で満天の空も蛍も
そして野天風呂を断念したのは
残念だったけど、
雨に濡れた新緑の美しさと
宿主を独り占めして歓待を受けられ
それも良し。


是非とも天気に恵まれた時に又。


20190712231942459.jpeg


○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/1010-bcacf227