FC2ブログ

夏の終わり

Posted by 彩子 on 26.2019 女色 0 comments 0 trackback
母の退院が一日伸びてしまい
夜の独りの時間が
ぽっかり空いた時のこと。




急遽帰省する事にしたんだし
学生時代の友達やママ友達も
今夜空いてる?は 無理というもの。




そして私は
LINEの友達一覧を眺めている。



わたしが求めさえすれば
無条件で向き合ってくれるヒトの名前を
スマホの中に追う。




今、話せる?


そう打つと


よかよって。



どげんしよるね?
そっちの仲間と楽しそうやねぇ?


ううん
大変よ、色々と


そうたいね
お母さん、どげんね?






突然声を掛けたものだから
慌てると少し饒舌になるのは
昔とちっとも変わらない。






彩子ももう、今年還暦たいね?

俺も歳とったばってん
未だ未だ元気ぞ!



よく、憶えてくれてたね





……




懐かしい声が耳の奥をくすぐった。



忘れかけてた女心を
ちらりとでも過ぎらせてくれたんだもの
嬉しかったなぁ。

それだけで
なんだか安心したの。



でもね

話の途中で何も聞こえなくなって
彼がタイミング悪くなったのか
無言になったから
私も黙って
そして静かにクローズした。


私は
その時間から出かけるのも億劫に感じ

何年か前の様に
顔を見に行くこともせず

それで
もういいやって…。




良いのか悪いのか

なんだかこじんまりと
お利口さんに…



こうやって歳取って行くんだ。






まりやさんがエフエムで話してた。


60代にもなってしまうと
ひとつひとつ
大切に過ごしていくようになるんですよ


って。


折しも
まりやさんにまとめられちゃった。



40周年アルバム
ポチっとしよう。





20190819115217753.jpeg



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/1021-8210d932