FC2ブログ

夏物語、その①

Posted by 彩子 on 02.2009 日々色々 2 comments 0 trackback
なるほど・・
高級ホテルのロビーを待合場所に選んだのも頷けた。




ノーネクタイではあったけど、
きっと家を出る言い訳、もあっただろうに、
着替えを持参しながらも
ビジネスバッグを持ち仕事モードだった彼。






ひと仕事終わらせた後、
彼の頭の中はやっと夏の旅モード。




さぁて・・
旅館を決めただけの
気侭な夏の旅が始まる。




090731_1207~0001




電車を降りて駅に着くなり
どうしよかぁ?これから・・と
駅前の案内を眺める。


日傘につばの広い帽子にサングラスという、
危ないオバサン風な井手達の私。


一緒に汗流しながら歩いても
今更何をジタバタすんねん?と
気の毒そうに眺める彼は地黒である。





暑っいなぁ・・と言いながら
彼の遠い記憶を辿った先で
地の魚定食に舌鼓み。



これからどれだけ
彼と私の胃袋にお酒や海の幸が収まるのだろうと想像する間もなく
早速麦酒に冷酒がテーブルに並んだ。






早々に私はいい気分で彼の横に立つ。

旅館の名前を告げ
それからちょいとタクシーに乗り込む。





海沿いのその旅館は歴史があって古い建物だったけど、
予約されてた部屋は
所謂、憧れの露天風呂付客室~♪


090731_1528~0001





乱れたお布団をちょいとお直しして撮ってみても・・・

着いて早々真っ裸になった彼がしたことは、
想像できるでしょ?^^;




090731_1526~0001



夕餉の前に
何故か汗をかいてしまったわけで・・

ピンクの可愛らしい浴衣の下には何もつけず、
別々に露天大浴場に向かいます。


090731_1611~0001






090731_1612~0001

○ Comment

うわぁ~!!1泊旅行だったのですねっv-238うらやましぃ!!!
続きが知りたいですぅ~!
2009.08.03 00:00 | URL | sakurako #- [edit]
旅の宿、
【お泊り旅行】は正確には初めて(笑)。

色んな事があり過ぎて、
そのいくつまで続く事でしょ^^;
お楽しみに~。
2009.08.03 21:29 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/17-4b4fb0d0