FC2ブログ

男の技

Posted by 彩子 on 11.2010 女色 0 comments 0 trackback
この日二回目の彼は
アダルトチャンネル観ながらだったから
わたし、なんとも気が削がれて
ふぅっと素面になってしまった。


それまで
何の問題もないように
燃え上っていたのに。
我が事ながら
あの間、ってなんだろう(笑)。


私は、自分でも思いもよらず
彼の上から身体を離してしまう。



『 なんやねん??
  いきそうになってたのに・・ 』


不意打ち食らわされたって感じの彼。
理解出来んって顔でふくれっ面をしてる。



『 男は気をそらせる必要があるんや 』

もたせる為にか、
彼はテレビの画面に目をやってた、らしい。


言葉通り、
仰向けの彼のシーツの下は
お漏らししたかのような、汗の海だった。


私は学習能力が明らかに劣った。
以前だってあったのだ。


他のコト考えて、
長持ちさせる男の技。





アタリマエの場所で
不埒になりたかった私は、
急に申し訳なくなって
それから
せっせと彼に奉仕した。
唇と指と掌とで。



そして
口の中で受け止める。



ごめんね、って
彼に聞こえない様に謝ったけど(笑)。











○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/202-461264b1