FC2ブログ

初春

Posted by 彩子 on 02.2011 日々色々 6 comments 0 trackback
家族が増えると言うのは嬉しいこと。


新婚さんの長男夫婦が暮れから三泊もして帰省してくれた。
挙式以来顔を合わせるし、
お嫁ちゃんにとっては
初めての夫の実家、である。

小さな気遣いをお互い交わして、
ちょっと緊張気味の、
そして賑やかな年始を迎えた。


狭いマンションに、
私以外の女が家の中に居るという場に慣れない夫は、
お父さんと呼ばれ、こそばゆい顔をしてる。


新婚の頃、
何をしていいのか分からず、居場所がなくて
早く帰りたいとばかり思って夫の家で過ごした記憶。
きっと息子のお嫁ちゃんだって同じだろう。
それでも
息子の部屋に籠もることなく、
リビングで一緒に過ごしてくれたし、
一緒におせちを作ってくれた。


年越し蕎麦や、紅白など
年の瀬の行事に
可愛いお嫁ちゃんがいてくれる。
ふだん夫と二人暮らしだから、
夫も嬉しそうだった。


ゆっくりした時は、
リビングに寝そべる長男に跨り、
腰やら脚やら、マッサージをしている。
その様子が又微笑ましくて
私は夫に足を揉ませる鬼ヨメである。



息子の選んだヒトは、
しっかりとした、気のつく気立てのいい女性だった。
お腹に赤ちゃんを宿し、
しんどかったり眠たかっただろうに、
厭な顔ひとつせず、
思っていてもそんな素振りも感じさせなくて、
私が嫁に行った頃の事を思い出しても、
あんな感じで夫の家に迎えられただろうか。


洗濯機に入れてね、と言ったのに
結局お嫁ちゃんは下着も何も、洗い物には出さなかった。
新婚の頃の、夫の実家での自分と同じだった(笑)。
多分、夫の母もそうだったように、
私はちょっと寂しい気もした。




そうして、
大役を務めたお嫁ちゃんは
長男とお江戸に帰っていった。
タイツにキュロットスカート姿が、
身体を冷やさないかと気になったけれど。




次男は、
大雪に見舞われた年明けで、
独り暮らしで不自由しているだろうと思うと
同じ兄弟で・・と、ちょっとせつなくなる。

生きて行く術を自分で見つけくぐり抜け
生き抜く糧を得て欲しい。



そして彼は、
家族も出払って独りで年末年始を過ごしている。


《 ひとりで精神修行しとくわ 》


家族に囲まれていると言うのに
せっかくの彼の自由に添えない不自由さをかみしめる。




戴き物の、みちのく初桜。
いただいた時は蕾が、
部屋の暖かさに、少しづつ開花し、
薄紅色の可憐な花を咲かせた。

そして
葉桜として、しばらく目を楽しませてくれる。



艶やかに、たおやかに。

このフレーズをこれからも忘れない様にと可笑しな抱負を掲げ、
女になり、
嫁やら姑やら妻になって
今年も気侭に書いていきます。


どうぞよろしくお願いします。




【啓翁桜】

sakura-1.jpg110102_2338~02-1

○ Comment

明けましておめでとうございます。彩子さん。
新年早々、こちらまで胸が温かくなる記事ありがとうございます(*^_^*)

私にとって年末年始は、否が応でも孤独を感じる時期です。
独り身にとって家族行事の時期というのは、自分の身の置き場の無さに、
いっそのこと消えて無くなりたくなるものです。

そんな私の気持ちをしてか知らずか、両親は『待ってるからいつでも帰っておいで』と言ってくれ、
そして息子達も正月休み最後の日に、ウチに夕飯を食べに行っていい?とメールをくれました。
その優しさに、ただただ涙が込み上げてきて、こんな私にこんな風に言ってくれる肉親
がいてくれたことに、感謝せずにいれませんでした。

いつか息子達にも、私以外にその優しさを向けてしまいたくなる相手が見つかることでしょう。
そのことを期待してる一方で、ほんのちょっと淋しさを感じたりと、母親の気持ちって勝手ですよね(笑)

年始から長くなってしまってすみません(>_<)
どうか彩子さんにとっても素晴らしい一年となりますように。。。お祈りしています。

2011.01.03 11:54 | URL | くるみ #gOId3OBw [edit]
あけましておめでとうございます!

とても心が温かくなりました。

いいですね!彩子さん!
とっても!伝わります!



どうぞ、
今後とも宜しくお願い申し上げます。


短いですが、ご挨拶まで・・
2011.01.04 00:19 | URL | makkoi #- [edit]
今年もよろしくお願いしますね。


昨年は、ホント私生活も仕事もバタバタで(笑) 正月が来たのも忘れちゃう位

今年も彩子さん色を楽しませてもらいますね♪
2011.01.04 12:39 | URL | まゆ #- [edit]
いつも丁寧なコメント、ありがとうございます。

親というものは棺桶に足、突っ込む時になっても
ちゃんとご飯を食べてるか?などと、子供の事を思いやっているそうです。
『いつでも帰っておいで。』
これなんですよね。

ご子息のこれからの成長も楽しみですね。
嬉しくもあり、寂しくもあり。

貴女の先行く私です。
反面教師にならないように襟を正していきたいと思ってます?^^;
2011.01.05 09:28 | URL | 彩子 #- [edit]
なんだか、嬉しいなぁ♪

貴女にいわれると、娘に言われてるようで。
息子ばかりだから、娘になってくれぇ~(笑)

2011.01.05 09:30 | URL | 彩子 #- [edit]
私もまゆ色、楽しみにしてるね。
いつもありがとう。
今年もよろしくです♪
2011.01.05 09:31 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/229-b75a1c15