FC2ブログ

永遠の嘘を

Posted by 彩子 on 05.2011 女色 8 comments 1 trackback
makkoiちゃんの記事にもある、
みゆきと拓郎のコラボを聞いてみる。


しかし、みゆきさんのあの登場、なんという存在感。

それでありながら、
彼が言ってた、『 みゆきは拓郎に惚れてたんやで 』という言葉も
まんざら【嘘】に思えないあの、
オンナの匂う目線の先には拓郎さんがいる。




《 女は事実をはっきりとさせてくれない男に腹立ちも覚えるが、女自身も現実を見ようとしていないことを知っている 》


《 女は自分が捨てられたことに薄々と勘づいている。男はやさしさなのか、優柔不断なのかは知らぬが、まだきっぱりと女に訣別を告げてはいない。 》



あつかましくも、自分の過去を重ねてしまう。
私の場合
薄々どころか、優柔不断どころか、
過去彼にきっぱりと別れを告げられた。
はっきり事実を突き付けられた。


でも
【 いつまでもたねあかしをしないでくれ 】
ではなくて、
種明かしをしてもらえないままだった。
別れなければならない理由を。


今想い返すに、
私は必死になって、
彼人に《 種明かしをしてくれ 》まがいの発信を送り続けていた。

携帯のアドレスも、番号も変わるまで・。


そして、
たねあかしをせずにいてくれたのが
彼人の最後の優しさだったのか。
本当に
永遠の嘘をついてくれたのか。








みゆきさんの書いた歌詞、

【 出会わなければよかった人などいないと笑ってくれ 】

最後のこのフレーズに救われる。





彼がメッセンジャーで【ファイト】!と叫ぶ。
それはみゆきさんみたいに可愛らしくじゃない。
でもなんだか元気が出てくる。
私の方が彼に【ファイト】!!って言ってあげなきゃならないのにね。




私は、別の男のことを想い出している。
桜の季節になると想い出してしまう。

ごめん・・


全くもって【悪女】である。
そんなん、ええもんじゃないか。




『 こんなんあるで 』
彼の一声で紐解いた
一部引用させてもらいました。


○ Comment

お名前出してもらちゃって
恐縮です!

この曲って
皆、いろんな解釈なさるんですねぇ。


中島みゆきと吉田拓郎の姿勢

彩子さんの文


わたしなんて精進が足らぬと痛感いたしました・・(笑
2011.04.05 22:35 | URL | makkoi #- [edit]
別の男を思い出しちゃいますか。
そういえば、こちらにいただくコメントでも、
思い出の気配がときどきしますね。

そう考えると、やっぱり種明かしは、
必要だったのかもしれないですね。
2011.04.06 15:10 | URL | ふう #XIgdIt3I [edit]
ごめんなさーい。

トラバがまたまた分からなくて
彩子さんの記事のトラックバックを
押しちゃいました・・


承認ありがとうございます・・♪
2011.04.06 20:50 | URL | makkoi #- [edit]
「墓場まで持っていく。。。」
そういう話は殿方、姫を問わず皆あるんちゃいまっか。

貴女もいっぱいおまっしゃろ?
お道具もしかり・・・w
2011.04.06 22:26 | URL | 豊丸 #t50BOgd. [edit]
いえ、貴女の文才は素晴らしいです!

それにしてもこの曲、ご存知じゃなかったんですねぇ。
やっぱり世代の違い見せつけられたわ(笑)

2011.04.07 14:04 | URL | 彩子 #- [edit]
そうね。
ふうさんはお見通しだわ。

この記事、夜に書いてました。
ナーバスになって駄目ね。

《 月夜はおよしよ 素直になり過ぎる 》

あたしは【悪女】になりきれません?
2011.04.07 14:08 | URL | 彩子 #- [edit]
いえいえ、トラバ面倒だもんね。
こちらこそ、ありがとう♥
2011.04.07 14:09 | URL | 彩子 #- [edit]
相変わらずの【豊丸節】をありがとう。

おかげで、makkoi家で記事にしてもろてたやん!
2011.04.07 14:12 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/267-6e5a2265
makkoiちゃんの記事にもある、みゆきと拓郎のコラボを聞いてみる。しかし、みゆきさんのあの登場、なんという存在感。それでありながら、彼が言ってた、『 みゆきは拓郎に惚れてたんやで 』という言葉もまん...
2011.04.06 00:48 幸福論。