FC2ブログ

おこちゃま

Posted by 彩子 on 27.2011 女色 2 comments 0 trackback
彼が先輩と呑むと言うので
私も一緒に誘って貰ったけれど・・

生憎、彼のご機嫌は斜めだ。

ソレと言うのも
彼の【天敵】がその場にいたらしく、

ちょっと飲んで
自分の払いだけ置いて、
彼はぷいっと出て行った。





残された私は、
なんて言ったらいいのか、
正直困った。


それでも
私はそれはあかんと思い、
彼にはついて行かなかった。


《 我慢というか、しばら会ってないからその男も成長したかなと思っていてたけど
  やっぱり、相変わらずやったわ 》


後で彼はそんな風に言ってた。

厭なモノはいや、なんだろうけど、
それじゃ、
段取り汲んでくれた先輩の顔が無いでしょ・。
彼にとっては
そんな集まりのつもりじゃなかったにしても、だ。


全くもって彼は
そんなトコロ、お子ちゃまなんだ。




途中で彼からメールや着信があってたのにも気づかないほど、
私は楽しく呑んでいた。

その時は、
彼が居なくったって楽しかった。


彼の先輩や以前の仲間達に交じって、
稀有な日本酒を美味しく頂いたが、
店を出る時には、ふらついた。

私は先輩に送ってもらった。




彼が次の日、
大丈夫だったか?と訊ねて来た。


心配してるの?
大丈夫。


そんなんだったら、
私を置いていくなって。


彼にとっては、何故に一緒についてこなかった?、だろうけど。


○ Comment

目に浮かぶよう。

その男がどういう男なのか、は、
じつは男づき合いのほうがよくわかる部分も、
ある気がしてます。

天敵に、ぷいっ、ができるのは、
たしかにお子ちゃまではあるけれども、
独立独歩、ある種の強さとして、
良い面に出ることもあるのでしょう。

しかし・・・置いてかれちゃったのね。
フェイントかけられたようなものですね。

2011.09.30 07:03 | URL | ふう #JyN/eAqk [edit]
このコメント、切り取って彼に見せました。
ふうさんの方が優しいでしょ?って。

おしゃぶり、どっちが上手いか聞いてきたから
くらべっこした事ないから知らない、と返しておきました。

並べて順番にしてもらおうかな
公平をきす為にも大男さんにも入って貰って、だそうです。
平和なヤツ、です。

お茶ら気お返事であいすみません。
2011.10.01 00:43 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/333-91aeabc1