FC2ブログ

咲きました

Posted by 彩子 on 13.2012 女色 0 comments 0 trackback
冬に植えた球根が花を咲かせた。

《 咲いた 咲いた チューリップの花が
  並んだ ならんだ~ 》 である。


120412_0722~03


同じ時に植えたのに、
土から顔を出す成長の違いに、気を揉む心配も不要だった。





彼に咲きましたの写メ送ったら
《 きれいに立ってまんな~ 》

イヤな予感・・


《 こっちももうすぐでっせ 》

ほら来た。
茄子絵文字付けて返してくるし。


《 にょきにょき? 》


《 そや、順調に育ってるよ 》


こんな感想しか付けてこないのが彼らしい。
でも・・それが、彼の仕事の花のハナシとは私も分かっている。




今朝は、

《 ミサイル、早漏やったみたいね 》

こちらも時節メールである。


《 そうよ。
  一分やったらしいけど・・ 》


《 腰振るヒマもなしか 》


彼は、こんな風に茶化さんと気がすまんのか?





夕べの彼は、
こちらのスポクラ帰りの恰好で申し訳ない程の、
ビシっと決めたスーツ姿だった。


彼の勝手な決まりごとを
通行人多い所でも要求してくる。

途切れたのをいいことに
私も軽くご挨拶。

『 玉をむぎゅっと潰すんや 』・・@@


そんなんしたら痛そうやし、可哀想・・
なぁんて思うのはどうやら、
付いてないから分からないオンナ側の発想で、
彼にはそれがたまらんらしい(ぷっ)


急に出来たお目もじだったが、
立ち飲み屋で時間潰して、
二軒目は、息子と歳も変わらん中国の男の子と同伴だった。

何度か顔を合わせているし、楽しい子とは分かっているけど、
二人のビジネスの話に申し訳なくて、
帰らんでいい、と言う彼の言葉を遮って席を立った。

正直、今夜は呑み会と言った夫が
早く帰ってきそうな気がしたのだ。

嫁の勘は大当たり。
何食わぬ顔で夫を迎える。

こういう時は
酔っても顔に出ないのは好都合で。


酔いは出てないけど、
花粉症のおかげで目の周り赤いし、皮膚は痒いしで
そっちを心配してくれた夫は、なんてイイ人^^;


痒みがある時はアルコール、控えなきゃね。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/395-fb5f6956