FC2ブログ

夫婦で映画

Posted by 彩子 on 05.2009 日々色々 4 comments 0 trackback
原作を読んだ夫が、
一緒に映画を観に行こうと誘った。




私なんぞ、
御巣鷹山に墜落したジャンボ機事故の話かと思いきや、
組合専従だったサラリーマン哀歌な話だったのである。


独身時代に勤めた会社のそれも
御用組合だった。

組合専従だの、執行役員だの
出世街道まっしぐらのポジションだったのかとおもいきや、
組合乱立していた、この日航さんは、違ったのだ。


運良く、要所に辿りつけるのは、
要領よく、長い物に巻かれろを地で行く、ごくごく一部の人間なのか。



思えば、
短大卒業後、
英語に堪能のキレイ系で、おまけに航空業界にコネクションがあった同級の子達は
こぞって今でいう客室乗務員になった。

あの頃は、そんな名前でなく、
スチュワーデス、と言っていたけど。

その後キャビンアテンダント、下世話に言うならスッチーである。

私達は、【アテンションプリーズ】を観て、憧れた年代でもある。
今じゃ、飛んでナンボ、
時給で換算される派遣やら契約社員ゴロゴロなのだ。




そんな今の時代なんぞ、誰が予想しただろう。


あの頃、親方日の丸の企業体質だった、かの航空会社は
債務超過、公的資金投入で穴埋めされ
再建問題で大揺れのこの時期の
実にタイムリーな映画化である。





得てして、
原作読んで、映画を観たら、
物足りなさを味わうものだが、
ご多分に漏れず、原作読んで号泣したという夫は
長時間上映で途中休憩がある、前代未聞の映画だったけど、
不完全燃焼って顔をしていた。
私と言えば、面白かったね、渡辺謙は上手いねぇと
素直に評価したのだけど。






奇しくもこの映画を一緒に?観たかったらしい彼は、
始まるまで、

館内はノーパンやで、だの
おフェラもするのよ、だの

煩いメールが届く届く(笑)。




渡辺謙の嫁役の如く
私は貞淑な妻でしたけど・・^^;



















○ Comment

「沈まぬ太陽」でっか。
その航空会社の幹部に知り合いがいてんやけど、
ボンボンで「親方日の丸」そのままの人やで。

見たいけど色々話の内容聞くと、「こんなもんか~」って勝手に思い込み
見る気がおきませぬな~

ということで今、旬な映画と言えば我らがミホりんが淫靡な女を演じている
「サヨナライツカ」やろね。雑誌とかで読むと、ミホりんが男を誘惑したり、
シャローストーンみたいにノーパンで膝を組み替えたり、
入り口のドアで「ここでして」と男を挑発したり・・・・
そういう見出しを読むだけで「鼻血ぶー」ですわ。

この映画見ながら咥えてくれる女性がいれば最高かもね^^
2009.11.06 01:09 | URL | 豊丸 #t50BOgd. [edit]
原作は読みました。

夫婦で映画館、そこにこそっとメールをよこす男。
物語よりおもしろいです(笑)

夫婦でその映画が話題になりましたけど、
いま、同じ作家の「不毛地帯」のドラマが、
すごくおもしろいとかで、
お勧めだと夫が申しておりました。
2009.11.07 13:31 | URL | ふう #XIgdIt3I [edit]
我らが美穂りんですか~?(笑)
ガラスの微笑が浮かびますけど。

映画館でそんなぁ♪・・って、場面が想像出来るアタシって^^;
2009.11.10 00:47 | URL | 彩子 #- [edit]
座席ではさすがに返信できなかったので、
トイレに立った時にメールぴこぴこ、でしたけど^^;

不毛地帯も話題ですね。
そう言えば、ふうさん記事で
映画館で悪戯・・は読んだ事ありませんね。
映画はいたって健康的に、ご亭主とかしら?
2009.11.10 00:52 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/55-59fadeb2