FC2ブログ

ぷよぷよ

Posted by 彩子 on 05.2014 日々色々 0 comments 0 trackback
私は確か小学三年生の頃から
歯列矯正をしていた。

何せ四十数年前の不正咬合の矯正である。
今でも決して安くはない治療費がかかるだろうに
勿論あの頃も、保険外診療である。

不細工な歯並びの娘に、
わたしの両親は良くぞ受けさせてくれたものだが
口の大きさに対して、多分歯が大きかったんだろう、
健康な歯を四本抜歯している。

確か高校生の頃まで、矯正器具を付けていた記憶。
今のそれの様に、透明で 目立たない器具ではない。
なんせお年頃、痛みや恥ずかしさから、
一応見た目は綺麗に矯正されたので
途中で止めてしまったのである。

歯科医の言う通り、20歳を過ぎる頃までは続けて下さいよ、の声を振り切って!


齢取っても日々成長するのね…
結果、私の歯並びは若干下の歯が上の歯よりも出ている。

その矯正のための抜歯以外に、
私は歯を抜いた経験がない。



それが、
かなり前に治療した虫歯の歯肉部分が痛くなってきたのだ。
治まったり又痛んだりを繰り返し。

意を決して、ほんまに久しぶりに、近所の歯科で診てもらったところ、抜歯を勧められたのだ。
歯の根元部分が化膿し、
ジワジワ侵食されて、痛みが出たり治まったりの状態。
神経を抜いた歯によく有りがちな事らしい。


歯医者の評判は千差万別。
念の為、亭主お勧めのクリニックにも診てもらったのが、同じ診断。



と言う事で、
記憶に残る初めての、奥歯の抜歯に挑んで来た!

その前に、歯のクリーニングもしたので
どんだけ口を開けてなきゃあかんの?
顎だるくならないかな…
なとなど要らぬ心配だったのが、
蓋を開けたら、
あっと言うまに抜けてしもた。

なんてことないわぁと
帰り道、孫ちゃんへのお買い物やら
UNIQLOを物色中、だんだんとしんどくなってきた。
早々に帰宅。


思ったほど、血はなかなか止まらない。
ガーゼがみるみる間に重たくなってくる。
何より、口を濯いだら血糊が固まらないので濯がないで下さいと来た。
これって結構気持ち悪い。
麻酔の痺れも暫くあった。
リンパ腺も腫れてくる。

今夜は飲酒と入浴は控えて下さい、って
そんな気もならないって。

結局、血が止まったのは五時間後。
お腹空いて、パンとスープだけ飲んで
その夜は早々に寝た。

結局、痛み止めのお世話にならず、夜も眠れた。
次の日には元気にスポクラ行けたし
その後も順調だけど
未だ、抜いた跡は肉の盛り上がりがちょっとだけ。
なるべく抜いていない方の歯で噛もうとしてるけど、気になるところ。


あたしの口の中の舌は
ぷよぷよ周りを彷徨ってる。



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/550-07ae0839