FC2ブログ

備忘録

Posted by 彩子 on 22.2009 日々色々 10 comments 0 trackback
先日、夫と大学パートナーズシンポジウムに参加して来た。



《 愛する人の送り方、送られ方 》




映画【おくりびと】の原案となった【納棺夫日記】の著者の基調講演があった。

そして、
ターミナルケア、ホスピスの問題を提起する緩和ケア医、

癌の夫をホスピスで見送った大学准教授、

医学生への死生観教育にも携わる住職、

ある日突然神経難病を発症し三日間で全身麻痺になりながらも、
驚異的な復帰を果たされた大学准教授、と

興味津津なパネリストを迎えてのディスカッション。




以下は私の脈略なく書き留めた備忘録でもあるので、
興味無い方は読み飛ばして下さいね。




・・・



自分のことは自分が一番わかっていると思っている。
なのに、死に直面した時、
自分は一体なんだったんだろうと、
存在そのもの、生きていく根本が揺るがされる。


時間が経つと、身体的な痛みは忘れていく、ある意味慣れていく。
それよりも魂(スピリチュア)の痛みの方が強かった。



スピリチュアリティとは、
危機的な状況になった時に起こる、
新しく生きようとする気の働き。



緩和ケアとは、
患者のスピリチュアの痛みの緩和、生活の質QOLを維持すること。


告知(インフォームドコンセプト)は、
丸ごと認め、痛みを受け止め、相手を受け入れること。


日常生活を増幅する。
普段通りに生活する。


何か正しい事をしなくてはいけないとおもってしまうが、
家族や親しい人達だって、
押しつぶされそうな夜が長い。
だからこそ、ユーモアが必要。



慰めるように言われることでよくあるのが、
《ちょっと休むために病気になった》のではない。

自分が出来ない事を神様に預ける。

人から言われてではなく、
自ら受け止めて見出すもの。



周りの人は、一緒に居る時間を楽しみ、一緒にいて、寄り添ってあげればいい。






どうしてそういう風にしようとするのか、相手に聞いてみよう。
そして、もし自分の事だったらどうするかと関係性を持って聞く、
つまり傾聴する。





愛する人を送り、哀しく逝ってしまった後の乗り越え方。



まず、立ち位置を変えてみる。


たとえば、
これまで二人分のお味噌汁を作っていたのが、
一人分を作ることに慣れていく、など
この状況に身を置く。

周りに発信する。


哀しみを乗り越えなくていい。
気持ちをシェアする人たちが居ればいい。


次第に哀しみが変質していく。
哀しみは消えないけれど、
別の形で抱えていく。


愛する人が居ない事を受け入れる。
それは残された人の仕事。


思いっきり哀しむことが必要。


愛する人が居ない環境に適合して行こうとする中で
亡くなった人との関係を再配置する。


自分を見守っていてくれる、
大きく包んでくれている。

関係性が切れてしまったのではない。
新しい、これまでとは違った関係性を抱えて生きていく。






人は死に方を選べない。
生きる様に死んでいく。
生と死は繋がっている。


けれど、
死に方に依って、死んだ後の世界に差や違いはない。
死に方は関係ない。


死に際の顔は誰もが笑顔だそうだ。




結果として同じ事をやっても、
気持ちを変えて行う結果は雲泥の差がある。



柏の葉は、
秋に枯れた葉が春までついたまま、新芽が出るまでは落葉しない。
つまり、
次の葉が生まれてから枯れていくのだそうだ。





みなさんは、
愛する人を送った事がありますか。












○ Comment

両親舅姑ともまだ元気だし、
いままで身近な人を送ったことはないんです。
愛する人、というより、夫婦を考えてみたとき、
ぜんぜん想像働かない。

昨日ちょうど、テレビで散骨のお話をやっていて、
「南の島とかじゃなくて、いつものとこでいいよな」
と夫に言われましたけど(笑)。

「おれが死ぬときそばにいるのはおまえだと決めている」
と初期のごたごた(笑)のときは言ってましたが、
いまは、どうなんでしょうねえ・・・。
「おれ」ということも「おまえ」ということも、
ありえない夫なので印象に残っていますが。

2009.11.23 10:26 | URL | ふう #XIgdIt3I [edit]
沖縄に行くべし!
沖縄の「海」、「空」、「風」、「大地」、「人」・・・・
一言で言えば「沖縄の空気」を触れることにより
少しは実感できることと思いまっせ。

大きく言えば「人生観」、「性格」が変わるかも。
沖縄とはそういうところです。
2009.11.23 18:01 | URL | 豊丸 #t50BOgd. [edit]
「哀しみを乗り越えるには、とことん哀しむことしかない」と聞いたことがあります。
「喪に服する」とはそういう時間とも。

わたしは、父と母を送りました。
母のときは急だったので、ほんとにショックが大きかったですね・・・。
2009.11.24 01:28 | URL | もくば #- [edit]
私も 先日【納棺夫日記】の著者の講演会に誘われたのですが
仕事で行くことができませんでした
どんなお話だったのでしょうか?

今 『死ぬ時に後悔する25』という本もベストセラーになっていますし
テレビでも その特集をやっていました

何気ないことを そのまま 伝えることができなくて
後悔して亡くなっていく人が多いんだなあと思います

ヒーリングをしていくと そのことに気づくのも
また いろんなブロックがあって 大変なのですが
ひとりでも多くの人が 穏やかに生きることができ
そして 穏やかに死んでいくことができたら いいなあと思って
私にご縁がある人には 細々ながら ヒーリングをさせていただいています

ふと 生きることも 辛いなあと 思うことがあります
それくらい 生と死は いろんなものをはらんでいるのでしょうかねぇ


 
2009.11.24 10:11 | URL | 奥山かりん #- [edit]
愛する人といえば…14年前に実父を送ったよ。
その後義父も送ったけど、こっちは哀しいかな、ピンと来ない。

夫が居なくなったらたぶん一番泣くのは私だと思う。
一番憎い相手でもあるに関わらず。
夫婦とはそういうものかもしれないね。
我が子の死については、もはや考えるだけでも発狂しそう。
自分の死については、願わくば苦しまずに終えたいわ。

2009.11.25 12:42 | URL | まりやん #EBUSheBA [edit]
山仲間の死に直面した夫は、
以前から頼まれていた場所に散骨に行きました。

夫婦間でお互いの死に対して話題にすることは大切なことですが、
ふうさんのおっしゃるように、
時間の流れで夫婦間の温度も変わっていく事もありなので
>いまは、どうなんでしょうねえ・
ってことにもなりますよね(笑)

いや、やっぱふうさんは海がいい?
2009.11.26 09:22 | URL | 彩子 #- [edit]
こんな話題でも物事に固執せずに、
なんくるないさ、って言われそうね(笑)

とりあえず沖縄行ってみいやって?


2009.11.26 09:26 | URL | 彩子 #- [edit]
もくばさんはご両親、送られてたのですね。

とことん哀しむことしかない、そう言いますね。
人は忘れる動物。
そうは言いながらも、
いい想い出しか残らないようになるまで・・辛いですけれど。
2009.11.26 09:29 | URL | 彩子 #- [edit]
基調講演はこちらを参考にしてみてくださいね。
http://www.asahi.com/shimbun/sympo/091124/speach01.html

『死ぬ時に後悔する25』、私も観ました。

会いたい人に会わなかった事
人に優しくしなかった事、

今の私には此処辺りが後悔しそうです^^;
だからとりあえずそれを意識して生きてみようかと(笑)

>生きることも 辛いなあと 思うことがあります
ヒーラーのかりんさんは、とりわけ、意識する事がつよいのでしょうね。

これからもかりんさんらしく生きてほしいと思います。
2009.11.26 21:53 | URL | 彩子 #- [edit]
まりやん、生存確認嬉しくわ♪

まりやんはおとんを送ったのね。
>義父も送ったけど、こっちは哀しいかな、ピンと来ない・・
正直な嫁の感覚でよろしいかと(笑)。

レスな我が家でも、連れあいを亡くしたらきっとまりやん家と同じだわ。
>夫婦とはそういうものかもしれないね・・そう、まさに。

親より先に逝く・・なんて親不孝は想像もできないし狂うだろうな・。
2009.11.26 22:01 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/60-3a69d4ba