FC2ブログ

尊敬なる母

Posted by 彩子 on 08.2015 日々色々 4 comments 0 trackback
帰省した折、

新年早々、
古代文化に浸ってきた。








それにしても、
一緒に行く気になってくれたんだから
母も随分、
元気になったんだなと、実感。

九州国立博物館へ連れ出してくれた夫にも感謝。

この百済展も
母は自分でチケット購入していたんだもの、
あら、あんた達も行く?とは、ぶったまげた。



今でこそ大人しくしているが、
古美術展あれば、
観賞のためだけでも
新幹線に乗って、東京にでも何処でも出歩いていた母。


お茶を教えていることもあるが、
古美術、歴史、諸々多方面へ
母の知識の深さ、広さには脱帽。

何を聞いても、
ちゃんと反応あるし、教えてくれる。

あ~
あたしも、若い頃
も少し勉強しとけばよかった^^;


さてさて、
今年は
文化ジョになりそかな?

…んな訳、ないわねぇ。




ちょっと嬉しかったお正月の後半戦。


○ Comment

 彩子さん

 お母様 お元気になられて よかったですね

 ご自分から展覧会のチケット用意されるなんて 

 気力も活力も 充分ですね
 
 彩子さんのフットワークの軽さは お母様譲りですね 

 

 
2015.01.10 01:09 | URL | むーん #JyN/eAqk [edit]
能動的に何かをする。ってそれだけで若さの代名詞と感じるわ。

病は気からって言うじゃない。
身体的な衰えは、仕方ない部分もあるけれど
気持ちが若ければ、まだまだ!

文化的なものには、興味があるけれど
それを知識として蓄積する気が無いのは昔から (^^;

2015.01.10 10:47 | URL | miko #JyN/eAqk [edit]
むーんさん、お返事おそくなりました。

元来の好奇心の強さ、
何にでも首を突っ込んでやろうの母が復活しました。
なんだかんだと、一年ほどかかったのですけどね。

わたし、フットワーク良いんでしょうか?w
考えるよりも行動が先に立ってしまいますけどね^^;
2015.01.18 21:25 | URL | 彩子 #- [edit]
確かに、気持ちが若いってのは、
元気の源にはなっていますね。
病は気から、と言うよりも
母の場合は、しんどさの原因がわかったので
精神的にも解放されたようです。
母が信頼できる医者と、副作用のない抗がん剤に出会えたのが
なにより、でした。

mikoさんは聡明な女性、ってのはあたしの第一印象でしたけど?笑


2015.01.18 21:30 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/613-f7aec675