FC2ブログ

置いてきぼり

Posted by 彩子 on 16.2009 女色 2 comments 0 trackback

《 明日、仕事問題なければ逢えるよ 》




正確には
セックスしよう、の二人の隠語のメールだった。




夕べのそんなメールに
私は、もうすっかりその気で(爆)
今朝は、ソレ用の準備に嬉しくしてた。



それが
どうもそうでもなさそな
雲行き怪しげなメールが届く。




私の心の中なんて見抜かれないように
知らん顔して
一緒に楽しくお昼ご飯を食べる。




数日後の夜のデートやら、
お休みの日のデートのプランなんかを話しながら、
それはそれで嬉しかったのだけど、

それでも今日の予定変更に
私はちょっと拗ねた顔をしてたらしい^^;



私が夜もあいてるよ、と言ったものだから
彼は速攻頭の中をフル回転させながら
どうやら仕事の段取りをやりくりさせてる。




男は仕事してナンボのもんよと、

いいのいいの、無理しないで
スポクラ行くから、って顔をしてあげる^^;





レストランを出た後、
彼は車の中で
私を窮屈な格好をさせたまま
この前、ベッドの中で発見したポイントを探そうとする。



縫い目が邪魔だの、
散々ジーンズのせいにする彼。



そこじゃない・・って
少し歯痒く、
でも自分では言えない。





駐車場の中です、ここは。

だけど、
そんな現実は段々と薄れていって、
私は頼まれもしないのに、
ハンドルの前で、これ又窮屈そうにしている股間に手が伸びる。



前を車が通るたび、
私は頭を押さえつけられ、
車の中は俺一人だと誇示せんばかりに、喉を衝かれる。



最初は私を弄ってたのに、
もう私の高まりなんて忘れたみたいに触ってもくれない。
でもそんな空気がちょっといい・。



結果、
彼一人、
実にオトコ本位の展開で、時間が止まる。




火をつけられたまま
私は痕跡を残さないように
お口で後始末をする。



続きは今度ね、と彼はにやりと笑う。



もやもやなんてなかったけど、
置いてきぼりにされた感じで

悔しくて、
その後、スポクラで一キロ泳いだぞ!





帰りは身体の芯まで冷えそうだったけど、
三線付きの河豚フルコースを食べさせてくれるその夜を思い描き、
今日は実に健康的に家路に着きました。


















○ Comment

>ちょっと拗ねた顔をして
>置いてきぼりにされた感じで悔しくて

雅子しゃん!贅沢者~。
ふだんたっぷり可愛がってもらってるからですね♪

>オトコ本位の展開

わたしなんて、これ通常パターン(笑)。



2009.12.18 08:37 | URL | ふう #XIgdIt3I [edit]
彼は出した後、なんと言ったと思う?

『 大男さんのパターンやなぁ 』ですって。
こんな瞬間にふうさんたちの事、よぎるなんて凄くない?
彼の頭の中にはこんな図式があるようで(爆)

んで、雅子さんってどなた?(爆x2)
2009.12.19 10:09 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/70-3dfb39c0