FC2ブログ

3.11に寄せて

Posted by 彩子 on 11.2016 日々色々 2 comments 0 trackback
そう
確かあの日も金曜日だった。



3.11



あの瞬間から
人生が大きく変わる事を
余儀なくされた人達。


あの記憶が
忘れさられる事を不安に思う人達。


あの時から
時間が止まったままだと吐露する人達。





前に私が拘った、
記憶の記録。



昇華出来ずに、
そして、する必要はないと
私なりに思いとどまり、
書いて 記録に残した。


不謹慎だけど
不埒だけど、
重ねてしまうよ。





人は忘れる動物だと言うけれど
そんな単純なもんなんかじゃない。





福島の紗々先生

そして
津波で打ち上げられた
ご遺体収容に携わったMのご子息。



又もう一歩、
前に進めます様に祈ります。










○ Comment

東北から遠いところでも、彩子さんのように、忘れずにあの時を想ってくれている方たちがいることが、励みになります。

小さい子たちと共に、あの時間に黙祷しました。
先生?お祈りみたいに、手合わせても良い?
って、聞いてくる目は真剣でした。

避難せざるを得なかった、悔しい経験を、これから出会う子たちにも、話し続けていくことくらいしか、あたしにはできないけれども、それが大切だと思っています。

いつもいつも、ありがとうございます(^^)
2016.03.12 23:49 | URL | 紗々 #- [edit]
子供たちと手を合わせる様子がに浮かぶ様です。


経験せざるを得なかった人達が語り継ぐ
誰しもが当事者になると意識を持つ
風化させない努力を皆で惜しまない…

紗々ちゃん、いつも思っていますよ
こちらこそありがとう!

2016.03.14 18:56 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/761-46feee46