FC2ブログ

いつ以来の夫婦旅①

Posted by 彩子 on 29.2016 日々色々 2 comments 0 trackback
この夏、北海道へ二度も!登山に出かけた夫は、
ここらあたりで嫁のご機嫌取りでもしとくかとばかりに、
温泉でも行く?と言い出した。


腰が持つかと半分不安になりながらも
夫に長距離運転させて〜温泉宿へ。


一泊の予定が、
海の香り鼻腔くすぐる氷見と、
トロッコ列車でしか辿り着けない、
硫黄の湯けむり上がる、
まさに秘境の一軒宿へ。





天気も良ければ、
富山湾から立山連峰拝めるはずが
生憎の天気で、
それでも
源泉二本引く掛け流しと氷見の魚に満足。







旅の宿は、二人には広過ぎた。
夫は、晩御飯の後の温泉にも入らずに、
ツインのベッドで早々に高鼾(笑)

私はのんびりゆったり露天風呂。
部屋に戻ってきても、
テレビ付けっぱなしのまま、
【SONGS】で、宇多田ヒカルが
気怠く唄っている。




翌朝の朝ごはん、
旅館の食事を止めて
氷見漁港魚市場内の食堂へ。


こちらを選んで正解!
氷見に来た感満載。









それからは、
黒部峡谷トロッコ列車に乗るべく宇奈月へ。






○ Comment

魚市場がとても活気があって、わくわくします。
朝ごはん、お味噌汁がおいしそうですね。市場の朝ごはんは私も好きで、よく築地に出掛けたのですが、ここの市場の朝ごはんも素敵です。
夫婦での旅行はいいものですね。まだ続きの記事がありそうなので楽しみにしています。

自分のしていることに葛藤やためらいもありますが、女としてできることを精一杯しておきたいという気持ちで頑張っています。彩子さんが認めて下さるのがうれしいです。
彩子さんに見られることに、ほのかな心地よい恥じらいを感じています・・・
2016.10.02 13:59 | URL | 佐知子 #JyN/eAqk [edit]
佐知子さん。
私 貴女の事をずっと佐和子さんとお呼びしてました。
ごめんなさい!
なんせこの頃、老眼!が進んでる様〜で(−_−#) 申し訳無いです。

私だけでなく、佐知子さんは
大勢の貴女のファンに見られてるのですよw
頑張って報告して下さいね。
2016.10.03 18:32 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/811-6d9dbbad