FC2ブログ

五月の頃

Posted by 彩子 on 12.2017 あのひと 2 comments 0 trackback


あれ以来
あのひとと言葉を交わすことはなかった。

腰痛でスポクラを休会していたし、
9ヶ月後に復帰してからも、
あのひとの来る曜日は
なんとなく足を遠ざけていた。




正確に言うと、
あのひとに気付かれない様に
スタジオを覗いてみた事がある。
私もやっていたので分かるんだけど
参加中は必死のパッチで
外に気がいく余裕が無いのだ。


やはり
あの頃と同じ様に
年齢を感じさせない動きで
かっこよくこなしていたのを
遠目に見た。


暫くして又
あのひとが来る曜日に行けた時
もしかして…なんて期待を
心の何処かに蘇らせたりもして、
私は探していた。
だけどその時は
あのひとの姿は見えなかった。




それから数ヶ月経った
五月の とある日のこと。




あのひとが いた。

熱気ムンムンのスタジオ終わって
出て来たあのひとと すれ違った。



あっ…


思わず私は
あのひとの右腕に触れた。



おぉ!と
こちらを向いてくれた。

『 お久しぶり! 』と
あの元気な声だった。


一時間のスタジオの後で
あのひとの二の腕は
ひとしきりかいた汗で濡れていた。


私は
スタジオに入るところだったし
あのひとは後ろからの人の波で
いつもの様に慌ただしく過ぎ去った。

そう、
それだけのこと。


それだけなのに
わたしの気持ちは
又揺らいだし
心の中は小躍りした。


やっぱり見掛けると
あの頃の私に戻ってしまうのだ。



そして
その日の夜。


メールボックスに
送信者がアドレス表示の
メールが来ていた。


iPhone変えて、
アドレス帳の移行がちゃんと出来てなくて
あのひとのアドレス、
分からなくなっていた。


だけど
見覚えあるアドレスで
あのひとからって
直ぐに分かった。


忘れかけていた琴線に触れた夜だった。











○ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.13 06:03 | | # [edit]
お久しぶりですね
いえいえ、私は恋ではないですよ〜w
未だ女心残ってた〜ってところで。

貴女の恋のお話、又聞かせてください。
ありがとう!
2017.09.17 12:12 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/868-b74d7d10