FC2ブログ

この年も宜しゅうに

Posted by 彩子 on 08.2018 日々色々 0 comments 0 trackback


年末に頂いた 啓翁桜。
帰省していた間、水替えも出来ないし
どうなってるかと気になってたけど、
嫁と娘のお勤め終えて戻ったら、
枯れもしないで葉桜になってた。




義姉と夫と私と交代で帰省する以外は
ご多聞に漏れず、
家主が住まわぬ家は
例え九州であっても寒々しくカビ臭く
慣れぬ台所で
九人分の正月料理を作るのは鬱陶しく、
今年はこちらで、
鰤の照り焼きと
一献付け用の塩とお酒を振った連子鯛、
そして味付けをした一キロ!の数の子を冷凍し
夫のリュックに詰めて持参した。
あとは向こうで
がめ煮(筑前煮)を作り、
黒豆やら、年越し蕎麦、雑煮の用意をした。

施設から連れて帰った車椅子の姑に
帰省早々ギャフンと言われ
返って肉親じゃないから聞き流せた。


毎度のことながら
長く長く感じる夫の実家から解放されて
それでも今度は母の元に行くと、
普段の電話で理解していた筈の母の様子は
この二ヶ月の間に
想像以上に認知が進んでいた。


くたびれてこちらに戻ってきたものの、
昨年転勤で近くになった長男一家を
今度は我が家に呼んで
遅ればせながらの新年のご飯をしようと思っていたのに、
家族全員インフルにかかり
お流れとなってしまった。
アンパンマンのボールやらチョコレートやら、
おもちゃを用意していた夫が一番がっかりしていた。


数の子に目が無い長男の為半分、
簡単なおかずを詰め、
母からの一年生の入学祝いやら
預かった親戚からや
じぃじばぁばからのお年玉を持って
玄関先に届けた。




お嫁ちゃんにとったら
半分迷惑だろなぁと思いながら
顔だけ見てバイバイする事の、哀しかったこと。


その日の夜は、
頂きものの
大分の河豚刺しとてっちりで
贅沢な夫婦二人の宴会をした。






遠くの親を見に
近くの孫は抱っこも出来ず
やけ酒半分!

さてさてこの一年、
どんな年になるのやら。




○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/912-bf27e8ba