FC2ブログ

浜省のあと

Posted by 彩子 on 16.2018 女色 2 comments 0 trackback
ついこの間 Mとデートしたのに

浜田省吾『旅するソングライター』
観たいから付き合ってって。


二週間限定のロードムービー。
映画館での 新しい音楽空間だった。

私にとっての浜省は、
ヒットした楽曲位しか知らないけれど
Mが敬愛するドラマーの小田原豊さんが
バックバンドに居るので
どうやらそっちも気になったらしい。



浜省ファンには たまらんのだろうなぁ
と思いつつ、
私は ちょっと眠たくなった。
私のお目当ての楽曲が流れなかったのも
残念だったし。


映画館を出た後、
ドラマーでもあるMは
かなりコアな話をしてくれたけど
私、ふとね…
あまり興味のないことは
耳から聞いても
頭の中に入ってこないし 残らないんだって
ぼんやり考えてた。




母のラジオとイヤフォンに奮闘する姿が
焼き付いて離れない。
母の場合のそれは
ラジオを聴きたいと言う欲求があるのに
新しい情報がインプットされなくなると言う
老いの産物からなんだろうけど、
母は悲しい顔をした。


私といえば、
興味が無いことに対して 熱心に聞いても
通過点にしか過ぎないんだろうと、
Mのドラマーに寄せる熱い思いは
わたしにはちょっと退屈だった。


それでもね
浜省の後のお決まりの愛撫は
わたしにとっては
通過点どころか、自分が未だ
女であることを想い知らされ
刻印を打たれるの。

恥ずかしいくらいに。












○ Comment

恥かしい位に、女を想い起こさせる愛撫・・・
その愛撫に呼応する彩子さんの女の部分・・・

なんか、美しいエロスの世界ですネ。
2018.03.10 11:28 | URL | Mr.としゆき #JyN/eAqk [edit]
こんなコメントいただいて
改めて反芻するありさま…。
普段は忘れてますってw
2018.03.12 00:13 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/921-82f9beba