FC2ブログ

うす紅色の

Posted by 彩子 on 21.2018 日々色々 0 comments 0 trackback
J-COMの招待で、
京都コンサートホールへ
一青窈のライブに行って来た。





此処のホールは初めて。
重厚感ある素晴らしいホールで
フェスティバルホール並みの音響。

ステージの一段上にあるパイプオルガンが
目に飛び込んできたので
え? これも聴かせてくれるの?と
わくわくしていたら
鍵盤奏者が現れて奏で始めた。

遠目で私は
彼女が一青窈かと思っていたら
後からご本人が登場して
厳かな雰囲気で歌い始めたので
もうびっくり。

以前に一度
彼女のライブには行ったことはあるが
この日も、谷川俊太郎の詩の朗読やら
独特な世界観溢れるライブ。
何より歌唱力が秀でている。


フィナーレでは
少年少女合唱団とのコラボで
【ハナミズキ】も。

わかっていて
いつもこの楽曲には
涙が込み上げてくる。

一青窈好きな夫は
感激しっぱなしだった。



やっぱり
夫婦の間で
《あなたとあなたの好きな人が100年続きますように》と言うのが
平穏なんだろうなぁ…って
妙にまとまってしまうのも
年齢だけのせいか…?



ライブ跳ねた後の反省会も
しっぽりな
京都の夜だった。






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/922-1714aea8