FC2ブログ

世話焼けるうちが花

Posted by 彩子 on 02.2018 日々色々 6 comments 0 trackback
白内障の手術で入院した母の
退院日に合わせて帰って来た。


寒い二月に二回の帰省は正直しんどい。
今回は舅姑の方はスルーさせて貰った。


久しぶりの窓側のANA。
タイミング良く
日本列島を模した人工島
【昆陽池 (こやいけ) 】が見えた。

大阪に居ながら、
蕎麦おじさんに数年前 教えて貰うまで
私は知らなかった。

随分前、飛行機の窓から眼下に
池の中に良く良く見たら
日本列島が浮かび上がっているのを
たまたま見つけたことがあって、
あれ何??と思っていたので、
教えて貰った時は、妙に感心して
うれしかったのだ。



退院した病院からのタクシーの中で
それを話題にしてみたら、
ちゃんと母は知っていた。
全くもって 万事において
博識な母には頭が上がらない。


そんな母も、
新しい事を覚える事ができなくなった。
だから娘として、
これまでの母の事を分かっているつもりだからこそ、
ショックだし
認めたくはない訳でも無いけど
どうにも 哀しくなるのだ。
いずれ誰もが通る道なんだけど…。



たかが白内障なかれ、
緑内障もあったからか、
土日挟んで9日間の入院となり
気分転換に
母を翌日 外に連れ出した。



氏神さまを参り
母と愛でた梅の木。





霞んでいた視界が晴れて
良く見える様になったのだろう。
塞ぎ込みがちな母が
少し明るくなった様に思う。



母にとってはハードルが高い点眼が
三ヶ月続く。
覚えられずにいるままか?と思いながら
こちらに帰って来て
電話で どげんね?と聞くと
どげんかせんといかんけん! と
一蹴された。


甘えていただけか??

はぁ…。












○ Comment

いつまでも寒いままかと思ったら、先週あたりから梅が咲き始めました。
植物は季節の変わり目をよくわかってる。
年を取ると目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、物忘れたりして情報から取り残される感じが押し寄せてきます。
白内障の手術無事に済んでよかったですね。
2018.03.03 11:00 | URL | おしどり #JyN/eAqk [edit]
彩子さん

 月に2度の帰省 ご自分のお母様の事とはいえ 御苦労さまでした
 白内障の手術後の点眼薬 3種類位ありましたっけ? 日に何度も点さなくて はいけないしね
 
 でも お母様の言う通り どげんかせんといかんけん! ですです
 そんな気持ちがあるうちは 少し人の手を借りるかもしれないけれど 大丈夫

 >そんな母も、新しい事を覚える事ができなくなった。
 >だから娘として、これまでの母の事を分かっているつもりだからこそ、
 >ショックだし 認めたくはない訳でも無いけどどうにも 哀しくなるのだ

 舅 姑に関しては 来たか~と受け止められるけど
 自分の親はね~  受け入れるのに時間が掛ったなぁ~

2018.03.05 17:59 | URL | むーん #JyN/eAqk [edit]
世話焼けるうちが花

ほんとにそうよ。
世話を焼くほどの状況になる前に逝ってしまったので
甘えるばかりで、何も出来なかったと
とっても淋しく感じているの。
存分に焼いてあげて下さい。




2018.03.06 12:45 | URL | miko #MgIxvhDQ [edit]
ありがとうございます
コメントいただいてから、
季節も少し進みました。
何やかやとあります。
又いらして下さいね。
2018.03.12 00:04 | URL | 彩子 #- [edit]
あれから、点眼は時折忘れながらも
何とかやっているらしいです。
なんとかなっているのでしょう(と、思いたい)
他人である舅姑には冷静です
夫が母に冷静であるように。
どうにも親子はやっかいですわね。
2018.03.12 00:08 | URL | 彩子 #- [edit]
それはそれで、なんとも切ないですね。
世話を焼けるうちに焼いときます。

ところで、娘が居ない私はこれからなんとも…。
mikoさんは良いわよ?
上手いことになってるもんです。
2018.03.12 00:11 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/924-c85f25fb