FC2ブログ

プラス思考

Posted by 彩子 on 21.2010 女色 0 comments 0 trackback
彼が本業を退社するのを決めたその夜。


彼の友人が独立してお店を持ったので
その開店祝いに一緒に行こうと誘われた。



私は、彼に誘われるまま
泳いだ後の身体に麦酒は美味だろなぁ
なんてノリだったけど、
ちゃんとご祝儀を用意してた彼は流石だった。


私と彼の関係は、一つ先輩ってことになっているとは言え、
周りの人に向かって彼の叩く先輩!って言い草にちょっと悔しく思いながらも
彼の人懐っこさや、彼を慕ってくる友人達や彼の持つ人脈やらを
酔った頭で眺めていたにもかかわらず、
大した男よと、私まで嬉しくなった。




送り届けてくれたタクシーの中、
彼は私のジーンズの中にちょっと手を突っ込んできた。


濡れてただの、
感じてたやろ?だの、

後で届いたメールはやんちゃないつもの彼だった。



ええ店やったな
隠れ家になりそやで



駅から遠くない?と後ろ向き発言をしてた私は、
なるほど、
彼の手にかかればそういう使い方もあるんだと、
目のつけどころが違うね(笑)
一連の幕引きを見ていてもだ。



次の日、
上海への出張が決まったよとメールを貰った。

いよいよ本腰据えての仕事だ。





男は仕事が出来てなんぼである。



生き生きしている男はいい。
周りまで元気にする。
出来不出来にかかわらず、だ。



彼の場合はエロも重要要因だけど(笑)。




○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/93-1d354a67