FC2ブログ

探し物はなんですか?

Posted by 彩子 on 07.2018 日々色々 5 comments 0 trackback
透析21年&ペースメーカー装着
齢九十の舅。

生かされてる感あるのは
嫁の立場で冷静に見ているからか。

お父さん、彩子ですよ…と声をかけると
驚いた顔を見せ
それでも長男の嫁と分かってくれて
寝たきりだけど、
認知症は軽い程度で救われる。


半年に一度のペースメーカー外来に付き添う。
施設ではなく
透析病院で入院というポジション上、
介護保険は使えず
毎回 実費での介護タクシーを利用。

もう車椅子に乗る事も出来ず
寝台車のままの検査と診察。

新幹線降りて在来線乗り継ぎ
二泊三日分の荷物を詰めた
バックも抱えの、寝台車押しは堪えた。

半年後の予約を入れ、
次回は有るのだろうかと
思いながらの繰り返し。



次は、姑の施設へご機嫌伺い。

ろくにお礼も言わんけん
施設の人にはやらんでよか

前回はそう言って
結局は ふたつのお土産が
姑のお腹の中に入ってしまったから
今回は、姑の部屋を訪ねる前に渡しておいた。


妄想も入り混じっての会話は
よくある漫才でもやってるかの様には
ならない内容で悲しくなる。
貴女の息子を信じなさいよと
言いたいんだけど…。

それでも
私の母も呆けてきましたからと言う私に
長居は出来ないと読み取ってくれた姑に感謝する。

今度はタクシーで高速バス乗り場まで行く。
時間通り来るわけもなく
高速道路路肩の待合は
炎天下の中、情けなくなる。


母のところに辿り着いたのは
夜も九時前。

オートロックを開けてもらおうと
母の携帯を鳴らすも
ちっとも出てこない。

娘のために
暑い中、ドラッグストアに
缶ビールを買いに出ていたのだ。

足腰はしっかりしているから
母にとって、なんてこたぁない訳だ。

申し訳ないやら
こちらもくたびれてて
泣けてくるやら…。
母はさほど遠くなく
徘徊老人になるのではと
嫌な予感も頭を過る。


母の心身状態は一喜一憂。


切り替え時期で、
簡易書留で送られてきた筈なのに
見つからない後期高齢者医療被保険者証。


帰る度に書類の整理をするのだけど
棚の中から
保険証を切り抜いた跡は見つけた…。


それを見つけた後に、
今度は新しい介護保険証が
ごちゃごちゃの書類の合間で見つかる。
冷や汗の連続。
母が一言、
『 あんた、何ば探しようとね? 』…



結局、肝心の保険証は見つからずに
役所に再交付申請を。

万が一を想定して
帰省前、役所に問い合わせていたので
あぁ、やっぱり無いわ…で済ませてしまった。

それが又、アバウトな手続きで
こんなんで良いの?と
成る程、
舅の保険証が二部!発行されているのにも
頷けるのだ。
ホントにお役所仕事である。


次の夜、
予約していたいつもの小料理屋に
母は行かんと言い出して
結局一人で行った前回と違って
この度は、母も一緒に行ってくれて
肩の荷を下ろす。
やれやれ…

貝好きな母に
鮑とサザエの刺身の盛り合わせ。


少しずつ
母の認知も進んで来た。

舅姑に対しての様には割り切れず
娘の感情が邪魔をしながらも
まぁ仕方ないかと…
又来るけんね。



20180806234712ed9.jpeg



○ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.08 11:26 | | # [edit]
え? 帰省って…
あちらでした?
それとも、彼女さんとの密会で??@@
2018.08.09 15:26 | URL | 彩子 #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.11 23:27 | | # [edit]
いえいえ、心の余裕も女の余裕もなく
博多区は通過〜💦

って、あたふたって
なんしょーとですかぁ?!

2018.08.14 17:24 | URL | 彩子 #iLhlKqZk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.16 22:38 | | # [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/953-b2563848