FC2ブログ

母の老い

Posted by 彩子 on 05.2019 日々色々 2 comments 0 trackback
母の年相応の認知症だったり
お世話をしてくださる方達との行き違いなどで、
母の日常を段取りしていても
うまく回らないとため息が出る。

でもね
そう嘆いたって仕方ないのだ。


みんなそれぞれ思うことは、
心地よく そして
さほどもう長くはないだろう残された母の人生を
少しでも快適に過ごして欲しいと言うことなんだから。




仕事中にかかって来た
老人ホームのスタッフからの電話を受け
折り返し母に電話を掛けた時、
最初はゆっくり母の話を聞いていた。
うんうん、わかるよ
そうたいね

でも
同調しながらのキャッチボールは、
段々とわたしの余裕を無くさせ、

お母さん、大概にして!

って
思わずきつく言ってしまった。




母は
充分に説明もされず
周りに勝手に決められ
報告だけされる、と怒る。

良かれと思ってのスタッフとの段取りは、母からしたら
置いてきぼりにされている、
母なりの尊厳をないがしろにされていると感じていたのだ。
これは以前からの
母の不満な気持ちだった。


お茶の世界から引退して鬱になり、
人の助けがないと回らない状態から
母を救おうとして、
スタッフにあれこれ
付き添いを頼むようにしていたのに、なのだ。


プライドの高い母ですから
年寄り扱いしないで
きちんと説明してからにして下さいねと、
そこら辺をスタッフにもお願いはしているんだけど、
母自身も記憶が曖昧で
耳も聞こえづらい所もあるのだ。

自分だけでやりたい、
そう母を思わせたことは
母自身の心が落ち着いて来た、
正確に言えば折り合いをつける事が
出来てきた証なのかもしれない。




そんなやり取りをした次の日と言うこともあり、
気になりながらも
夫と行ったスタレビライブ。


歌とMCが同じ比重の要さんの
みんな歳取っていくよねってトーク聞いてたら、
前日の
母を叱りつけた事が蘇えり
私は泣きそうになった。


ライブが跳ねた次の日、
兎に角、母に謝ろうと思った。


覚えとうか分からんけど
昨日は言い過ぎたね
ごめんね



憎々しげに母の方も
覚えとうよ、と来た。


夫に話をして
あのバァさん
未だ未だだわねって笑い合った。

腹が立ったり
笑ったり。


遠距離介護も
なんくるないさぁ。



○ Comment

雅子さん

 いつか そう遠くない将来 自分達も介護される日が来るのだろうけど
 介護って ホント厄介!!

 義父に出掛ける時 帰って来た時は知らせてねと言えば
 監視している 拘束されてる と言うし

 出来る事は自分で遣りたい 自分の下着は自分で洗うの言葉に任せていたら
 実の娘に 嫁は何もやってくれないと
 時折 いきなりスイッチが入って 怒鳴りだすし

 こちらは ごくごく弱いけれど 安定剤のご厄介になっている事も知らず
 でも ご病気なのだから 誰かが受け止めないといけないのだからと
 結婚歴=同居歴 は思うのです

 実の親子は 腹が立っても 笑えたり 許せるから 救われますよね
  
2019.02.05 16:08 | URL | むーん #JyN/eAqk [edit]
いえいえ彩子です〜笑

いやいや、むーんさんには頭下がります
最初からの同居ですもんね
こりゃ相続の時は、
嫁の取り分加算して貰える様に
遺言書、書いて貰っとかないとねぇw

実の親子は、感情剥き出しになるのが
良いのかどうだか💦
2019.02.08 11:42 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/982-1bcd31c6