FC2ブログ

故郷は遠くてしんどい

Posted by 彩子 on 09.2019 日々色々 4 comments 0 trackback
夫の実家の遺品整理目的で
四泊五日の帰省。
43年の歴史は半端なかった。

空っぽの中で不動産屋三社見積もり。



亭主とお疲れさん反省会のあと
疲れ切って今度は母の元へ。


20190307191330cce.jpeg





帰省する前から体調崩していたらしい母。
老人ホームの看護師付き添いで受診した時
入院を勧められていたのに
母らしい言い訳で
嫌がって、悪くなったら又来なさい、に
なっていたらしい。

その間落ち着いていたのに
私が帰阪する当日の朝
下痢嘔吐が又出て
同じ病院に受診させ
感染性胃腸炎の疑いで
結局、入院となってしまった。


たまたま私が帰っていたから良かったが、
入院手続き、荷物の準備をして
私の手荷物もあるし
ヨタヨタで、歩く姿はまさに
おばはんだっただろうなぁ。



母を病院に預けて
のぞみに飛び乗り、
変更不可の安く買えてたチケットは
払い戻しせずに済み
やっとこさの昼夜兼用、自分にご褒美。


201903071913476a3.jpeg




その後、母は症状も治り
老人ホームの看護師付き添いで
五日目に退院出来たが、

家族への面談による病状説明と
今後のことを
ドクターから受ける必要があると言う。
個人情報保護の為
電話では対応不可である。



私、病院の看護師に
他にご家族さんは?と聞かれるまで
すっかり
兄貴のことが思い浮かばなかった。


兄貴に連絡とるも
無視を決めつけているかの様に
相も変わらずの音信不通。
時間のやり繰り出来ないのメール一通。


医者やんか!
私よりは全く近くにいる兄ちゃんが
説明受けたほうが
良いに決まってるやん!


一人苛々である。

それが
兄貴が母のところに行ってくれてたことが判明したのは
退院して兄とやっと連絡付いた時。


母は
電話で兄ちゃんと話したと言ってたから
兄が実は来てくれた事も忘れているのだ。
もう何をか言わんや。


身体の何処が悪くて
何処の病院に入院してたか覚えて無いなどなど、
周りの人たちから聞こえてきた。


母の痴呆も筋金入りになってきた様で
泣けてくる。


お前のお袋さんも
そう長くないよ
行けるうち行っとけと
自分はもう済んでしまったので
夫は簡単に宣う。


結果、遠距離駆けつける私が
医師面談をすることになってしまう。
肝心なことは話さない兄貴は
本当に世渡りが下手だ。


舅姑の時は
冷静だったのにね。


舅姑が亡くなるまでは
義姉が疲弊してたけど
今度は私の番か?



夫の実家の家の問題もある。
片付け済ませてその後の
一週間に2度の帰省は流石にしんどい。

今、又西向いて
初めての【さくら】内で
スマホからブログ中。



まぁなんとか回っている。


世の中は春。
さてさて
自分の老い対策は後回しね…。





20190307191403cfb.jpeg

○ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.03.16 23:15 | | # [edit]
彩子さん

 遠距離介護 ほんとしんどいですよね お疲れ様
 が 旦那様のおっしゃる通り 行ける時にせっせと ですよん

 実親は義理親とはやはり 違いますよね
 お茶の先生を長くなさっていた お母様に対しては尚更のことかと
 
 がんばれ!! 
2019.03.19 10:01 | URL | むーん #JyN/eAqk [edit]
お返事遅くなってごめんなさい

貴女にとって
3.11はもうひとつの忘れられない日になってしまったのね

何処の家族にも、人様には言えない暗闇を持っています
私も然り
それにしてもしんどかったですね

お母様の仰る通り、仕事を止めるなど本末転倒です
貴女の人生を生きてください
家庭を持つ事をためらう事もありません
貴女が幸せになる事をお母様は願っておられますよ
貴女は薄情な娘でもありません
お母さんをどう守ろうかと悩み泣き続けたのですから
私こそ薄情な娘かも…

元気出していきましょう!


2019.03.22 13:41 | URL | 彩子 #- [edit]
いやいや、私はいつも
むーんさんには脱帽してます
初めからの同居だとそうなるのよ、なのかもしれないけど。

娘がいない私は、亭主より先に逝きたい!
↑ 鬼嫁〜
2019.03.22 13:48 | URL | 彩子 #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://adeirotenfu.blog68.fc2.com/tb.php/988-178be420